2009年12月28日

今年の《住宅着工》件数は?!



12/26の読売新聞からです。

今年の住宅着工件数が、45年ぶりに80万戸割れ濃厚との記事がありました。紹介致します。



国土交通省が25日発表した11月の新設住宅着工戸数は、前年同月比19.1%減の6万8198戸だった。今年1月〜11月の累計は71万9112戸となり、1964年(75万1429戸)以来、45年ぶりの年間80万戸割れが濃厚となった。08年(109万3485戸)より3割近い減少となる。

景気悪化で将来の雇用や所得への不安が高まり、住宅取得に対する意欲が低迷しているためだ。

11月は「分譲住宅」が38.2%減の1万2677戸で、このうち在庫調整局面が続く「マンション」は63.7%減の4329戸だった。「持ち家」は昨年落ち込んだ反動で8.3%増の2万5441戸と1年2か月ぶりに増加した。




※将来の雇用・所得の不安は、私達を含めた、全ての人にあると思います。その不安を払拭出来るように、一人一人の地道な努力が必要ですね。住宅を販売なさる側の方々も同様です。忘れてはならないのは“業績を伸ばしている人や会社が、現在ある事”ですよね。



この記事へのコメント
人生の中で一番大きな買い物は・・・
住宅であり、生命保険かもしれませんね

今のような将来に不安が感じられると大きな買い物は避ける傾向もあります
しかし、そんな中でも成績を上げたり業績の良い企業もあります
本人の努力と人脈豊富でその人脈を大切にしている人は成果を出しています。
Posted by 進藤幸男 at 2009年12月28日 12:50
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。確かに、人生の中で一番大きな買い物は、住宅であり、生命保険ですよね。

将来に不安があると、大きな買い物は避けますね。

“本人の努力”と“人脈豊富でその人脈を大切にしている人"を、両方を目指します。

両方目指す、欲張りな私です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月28日 13:49
お世話になります。

前職は住宅関連企業でした。
その現場からは、発表されている以上に悲痛な叫び声が聞こえてきます。

売る側も、買う側も先の見えない不安のなかで不のスパイラルに陥っているの感があります。

ただ、牧野様がおっしゃるように業績を維持している会社があることも事実ですね。

自社物件をリフォームして再販する商品は、コストを抑えられるうえに環境負荷を低減することが出来るので企業のイメージアップも図れ、結果として受注に結びついているようです。
また、長期優良住宅取得にかかる税制面の優遇措置を上手にアピールして、消費者の購買意欲を後押ししている中小住宅生産者も手堅く受注を得ているようです。

ようは、「なんとかしたい!」と思って知恵を絞って行動に移す。これがいかに大切かということなのでしょうね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年12月29日 00:57
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

現場から、悲痛な叫び声が聞こえてきてるのですか!

《自社物件をリフォームして再販する商品》は、企業のイメージアップが図れるのですね。《中小住宅生産者》も手堅いのですね。

“知恵を絞って行動に移す事”結局、ここだと思います。

「売れない」と嘆いている方には、最低限、出来る努力がある事、覚えて頂きたいと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月29日 03:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。