2010年01月11日

‘過去の私’を振り返る



10代の私・・・毎日が楽しかった思い出

20代の私・・・自信過剰な日々

30代の私・・・少し世の中が、わかりかけてきた

40代の私・・・人のぬくもりを感じた



50、60、70、80、90・・・

どう変化していくのだろう・・・これからの私



この記事へのコメント
おはようございます。

年齢を考えますと、これからやりたい事、やらんといけない事

などのが頭に浮かびます。

これからの夢と、過去の反省。



正月を過ぎ、一年の計を考え、それだけでは、まだまだ不足。

「終身の計」という言葉を「一語一笑」で知りました。

この休日、年賀状の整理と長いスパンで物を考えるいい機会です

ありがとうございます。
Posted by 一ノ坪英二 at 2010年01月11日 10:45
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

“やりたい事”と“やらないといけない事”似ているようで、違いますね。

夢は持ち続けていたい、しかし、反省する事も、あるのですよね。

「終身の計」は、重みのある言葉ですね。

色々と考えて、実行出来る年にしたいですよね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月11日 11:36
20代最後の年を迎えました。20代は早かった。

30代としての自覚があるか、はなはだ疑問が残ります。

人生、いろんな意味で大きな節目に差し掛かってきています。

自分の人生、長いスパンでじっくりみつめる一年にしたいです。
Posted by 晴山 力 at 2010年01月11日 11:39
晴山力様

訪問、ありがとうございます。20代最後の年を迎えたのですね。

晴山様は、30代としての自覚は、充分おありですよ。

大きな節目は、大きな実績で、応えて下さいね。

私のように、バタバタしているだけに、ならないように。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月11日 12:23
やりたい事や学ぶ事は多くあります
振り返ると20代~40代までは貪欲に学ぶ事ですね
そして、50代は後輩にしっかりと伝えることが重要です

つまり、「知識の遺産相続」
知識・技術・経験・ノウハウの遺産相続をすることですね
Posted by 進藤幸男 at 2010年01月11日 13:28
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

20〜40代は貪欲に行き、50代は後輩にしっかりと伝えることの重要性を強く感じます。

「知識の遺産相続」・・・進藤様のブログで、勉強致しました。

色々な相続を受けるべく勉強し、後進に相続してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月11日 13:40
40代・・・人のぬくもりを感じた

ステキですね。
人はひとりでは生きていけません。
人のぬくもりに対して感謝する心が大切と感じています。
私などは50歳になって人の暖かさに触れました。
勝ち負けをしている間はなかなかぬくもりなど感じられないかもね。
WINWINの精神でいくことでぬくもりが出てくるのでしょうね。
貴方はすごい!
Posted by kumikochankumikochan at 2010年01月11日 22:21
お世話になります。

私も30代終盤を迎えて、岐路にさしかかっているような気がしています。

先日、定年された元上司から、「65歳まで働くとして42年、そのうちの15年が終わっただけやで。あと、27年、まだまだこれからやで。」というお言葉を頂きました。
なんだか、いろんなことをわかってきたつもりでも、まだまだこれからですね。

いい40代を迎えれるよう、まだまだ学んで行きたいと思います。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月11日 22:34
kumikochan様

訪問、ありがとうございます。

人のぬくもりに感謝する心・・・大切ですね。

人の暖かさに触れましたか。素敵ですね。

勝ち負けに終始しがちなのが、仕事場かもしれません。

そこにこだわらず、一段上のレベルを目指します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月12日 10:11
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

確かに、徳永様は、分岐点ですね。

元上司の方、なかなか素晴らしい事、おっしゃいますね。私も、まだまだこれからです。

素晴らしい40代を、徳永様なら迎えれると、私は信じています。

お互いに、切磋琢磨しましょうね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月12日 10:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。