2010年01月12日

柳井正会長、数年前の年頭挨拶より



皆様、よくご存知の、ファーストリテイリング(ユニクロ)会長の柳井正さんの、2006年の年頭挨拶が、インターネットに載っていました。

その中の一部分で、読者への問いかけがあり、素晴らしかったので、掲載致します。




毎日、誰よりも真剣に自分の商売をしていますか?

あなたの仕事の受益者はあなたの仕事を高く評価していますか?

現場を誰よりも熟知していますか?
問題点や回答を現場で見つけていますか?

現物を手に取って自分の目の前で販売していますか?

現物をあらゆる角度から見ていますか?

最悪の現実を知りながら最適な解を考えていますか?

世界中の誰よりも自分の職務に忠実に仕事をしていますか?

お客様の要望について誰よりも熟知していますか?

お客様の為に今日何をしましたか?

今日の我店でのお買い物にすべてのお客様が満足されましたか?

現在の市場の状況と競合の打ち手を誰よりも本質的に理解していますか?

競合の次の打ち手に勝てる戦略がありますか?

自分の仕事に理想を持っていますか?

理想を何よりも大事にしていますか?

あなたの仕事は世界の誰よりも革新的ですか?

その仕事で本当に世界一になれますか?

そのスピードで、目の前の先行企業を追い抜けますか?

あなたの仕事の基盤と発想の源は現場、現物、現実ですか?

あなたは誰よりも世界一になるために努力していますか?





※「さてあなたはどう答えますか?この質問を深く考えて下さい」と、続きます。

私も、深く考えさせられました。“誰よりも”“世界一”という言葉が出て来ます。大袈裟に思ったら、世界一になれないという事なんですね。



この記事へのコメント
お世話になります。

なかなか鋭い質問ばかりで、答えに詰まってしまうものばかりでした。

4年前の記事なんですね。
驚きです。

ユニクロさん、今年はシマムラさんとの競争激化のなかで世界でのひとり勝ちを目指されるものと思いますが、それさえも見据えておられるようなコメントに先見の明を感じます。

アジア全体で地球規模の成長を目指すような動きの中で、基準は「世界」でないといけないということですね。

勉強になりました。
有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月12日 14:21
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

4年前の記事なのです。本当に驚きです。

先見の明を、私も感じました。そして、この質問の中の10項目を抜粋して、昨日の年頭の会議資料に使いました。

‘アジア全体で地球規模の成長を目指すような動きの中で、基準は「世界」でないといけない’・・・・・このフレーズで、またしても詩が浮かんで来ました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月12日 14:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。