2010年01月16日

中学二年生の詩《がんばるとは》


去年の11月に書かれた詩があります。お世話になっている方の、中学二年になる娘さんが書いた詩です。皆様にお贈りいたします。


頑張るとは

「頑張る」とは、最後までいっしょうけんめい「努力」すること
「努力」とは、ある目的のためにいっしょうけんめい「つとめる」こと
「つとめる」とは、ある役目や「任務」を引き受けて必要なことをすること
「任務」とは、その人に「義務」としてまかせられた仕事
「義務」とは、「当然」しなければならないことがら
「当然」とは、誰が考えてもそうでなければならないこと

「頑張る」とは、最後まで「いっしょうけんめい」努力すること
「いっしょうけんめい」とは、なにかを「一心」にするようす
「一心」とは、ただもうそのことばかり「思う」こと
「思う」とは、「心」をはたらかせること
「心」とは、人にそなわった 感じる 考える 知る おぼえる 思い出す 何かをしようとする などのはたらきをするもの、人間を入れ物にたとえれば、からだは容器で 心はその内容といえる

二〇〇九年 十一月 二十一日 山口来菜





※自分が中学二年生の時、どうだったかな・・・考えてしまいました。「一心」「義務」「任務」を引用する所や、心の表現方法、どれを取っても、立派な大人です。



この記事へのコメント
中学2年生・・・ですよね?

すごいです。

文体のリズムもすばらしいー。

見習いたいです。。。
ありがとうございました。
Posted by オオニシ at 2010年01月16日 11:20
お世話になります。

何かひとつのテーマを掘り下げて、自分の考えを文章にするってすごく難しいのに、すごい!

毎日ふーふー言いながらブログ書いてる私なんかと比べたら・・・

脱帽です。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月16日 11:50
オオニシ様

訪問、ありがとうございます。そうです。中学2年生・・・なんですよね。

私も、見習いたいです。

文章表現って、難しいですからね。

お互い、書くことを上手になりましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月16日 11:53
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

私も毎日、ネタ探しや文章作成に“ふーふー”です〜。

どのような世界でも、年齢・経歴に関係なく、優秀な方は、存在しますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月16日 12:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。