2010年01月18日

ノーベル賞の《歴史》



去年、オバマ大統領が平和賞に選ばれた事で、話題になった『ノーベル賞』。それについて、去年10/10の日経新聞に「なぜ注目されるか」として、記事が載っていました。

その中のノーベル賞の歴史について、年表が載っていましたので、書かせて頂きます。



◎1900年〜

☆1901年 ノーベルの遺言に基づき、5つの賞で始まる。レントゲンが「X線の発見」で物理学賞。

☆1903年 キュリー夫妻が「放射能の研究」で物理学賞。

☆1904年 パブロフが生理学・医学賞。



◎1910〜1940年代

☆1921年 アインシュタインが「光電効果の法則の発見」で物理学賞。

☆1923年 バンティングが「インスリンの発見」で生理学・医学賞。

☆1930年 ラントシュタイナーが「人間の血液型の発見」で生理学・医学賞。

☆1940〜42年 第二次世界大戦の影響から5賞とも受賞者なし。

☆1949年 湯川秀樹が「中間子の存在の予言」で物理学賞。日本人初の受賞。



◎1950〜70年代

☆1952年 シュバイツァーが平和賞

☆1968年 川端康成が文学賞。日本人初の受賞。経済学賞を創設。

☆1974年 佐藤栄作元首相が平和賞。日本人初の受賞。



◎1980〜90年代

☆1980年 ギルバートが「DNAの塩基配列の解読法の発見」で化学賞。

☆1981年 福井謙一が「化学反応過程の理論的研究」で化学賞。日本人初の受賞。

☆1987年 利根川進が「多様な抗体を生成する遺伝子的原理の解明」で生理学・医学賞。日本人初の受賞。

☆1993年 南アフリカのネルソン・マンデラが平和賞。



◎2000年〜

☆2002年 小柴昌俊が物理学賞。田中耕一が化学賞。

☆2007年 米国のゴア元副大統領が平和賞。

☆2008年 益川敏英、小林誠らが物理学賞。下村脩が化学賞。

☆2009年 オバマ米大統領が平和賞。光通信・CCD技術でカオ博士らに物理学賞。





※歴史を感じますね。日本人の方々の御活躍が、とても目立ちます。日本の技術力や、日本人の能力が、世界に通用している証だと、いうことですね。



この記事へのコメント
牧野さん

昨日は遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございした。
1年前の記事を振り返る・・・引き出しが多いですね。

確かに最近はノーベル賞に日本人の名前が載るようになり、
うれしいですね。

日本人からノーベル平和賞とか出たら最高ですね。
Posted by 田中辰幸 at 2010年01月18日 17:27
田中辰幸様

訪問、ありがとうございます。初めてのコメント、感謝しております。

こちらこそ、昨日は勉強させて頂きました。ありがとうございした。

こうして並べてみて、はじめて気づく事、ありますね。日本人が、世界的に活躍しております。

日本人のノーベル平和賞受賞者は、ひょっとすると、身近なところから選ばれるかも、しれないです。

今後共、このブログ、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月18日 20:55
お世話になります。

ノーベル賞を受賞される方々が並みの功績によってたたえられるのではないことは理解しているつもりでしたが、こうして列挙していただくと改めてすごさに驚きます。

特に、物理学、医学の分野では、生命と宇宙の神秘を解き明かすほどの大発見が目白押しですね。

ある意味、神の領域に近づいた人々といえるかもしれませんね。

100年以上前に受賞した研究が、今も一線で活用されていることに、この賞の偉大さを痛感しました。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月18日 21:22
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

物理学、医学の分野・・・理系ですね!!『生命と宇宙の神秘を解き明かすほどの大発見』凄いですよね!!

長年にも渡って、研究に携わる方々、本当に尊敬します。

ノーベル賞を取っていない方々の中にも、涙ぐましい努力をしている方々も、沢山お見えになると、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月18日 21:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。