2010年01月19日

【秋田県と岩手県】の面白いデータ






“秋田県は、寒がりが多い”


“岩手県は、寒がりじゃない人が多い”





こんなデータが出ているそうです。




ある日の、フジテレビの朝の番組の中のコーナー『ココ調』で、本当かどうか、調べていました。




秋田県は、4.5枚

岩手県は、3.5枚



これは、着ている服装の平均枚数




市役所の室温も、


秋田県、23度

岩手県、19度




企業20社の設定温度も、違います。



平均3.5度違いました。



秋田県の人は、理由を「寒いから」と言っています。平均では2度秋田県の方が高いらしいですが、風速は、秋田県の方が、強いデータが出ました。風が強いと、体感温度が下がるので、この部分は、うなづけます。




重ね着をすると、汗をかいて、逆に汗がひく時、寒くなる、逆効果もあるそうです。





秋田県と岩手県・・・一見すると、同じ東北地方の、似たような地域なのですが・・・面白いですね。



この記事へのコメント
お世話になります。

私もその放送拝見していました。

県民性って面白いですよね。

勝手な思い込みで相手を判断してはいけないってことを改めて考えさせられました。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月19日 08:55
日本は四季という嬉しい季節の変化があります
冬を楽しんでいる人も多くいます
名古屋に住んでいたときは毎週スキーへ行っていました

寒さを体感するのは「風」ですね・・・
風がないとか弱ければ寒さは感じませんね~~
Posted by 進藤幸男 at 2010年01月19日 08:55
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

県民性って、本当に面白いですね。私達からすると、何が違うのか、わからないですね。

思い込み禁物・・・上っ面だけでは、わからない事、多いですね。

何気なく見ているテレビ番組も、役に立つ事、いっぱいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月19日 09:54
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

寒さを体感するのが「風」ですね。『北風と太陽』が、そうでしたよね。

私達が住んでいる町も、皆様の服装の防寒具合は、様々ですね。

健康により良いのは、なるべく薄着をする事ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月19日 10:08
なるほど面白いですね。
確かに同じ気温でも風が強いときは、寒く感じますね。
実際の気温より体感温度が大切ですね。
体感温度を自分でコントロールできるような商品があったらいいですね。
話は変わりますが、人間にとって大切なのは体温ですが、最近は体温が低くなっているらしいですね。
体温を上げるためには生姜をとりましょう。
有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2010年01月19日 10:18
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。

体感温度は、大切ですよね。体感温度を自分でコントロール出来たら、凄いですよね。

体温が低くなっているのは、問題になっていますよね。冷たい飲み物・食べ物を、摂取する生活習慣が、現代の私達にあるからですね。

生姜を入れた飲み物は、風邪をひいた時にも、身体に良いですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月19日 14:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。