2010年01月31日

フランスは世界の〔お菓子王国〕



今日は、たまたま居間に置いてあった、お菓子作りの本『どんな国?どんな味?世界のお菓子 ? ヨーロッパのお菓子』より、24ページのフランスのお菓子《マドレーヌ》について、です。



◆マドレーヌ誕生


日本でも、おやつやお茶うけによく食べられているマドレーヌは、本場フランスでも大人気のお菓子だ。

マドレーヌの由来には、いくつか説があるけれど、その中でも最もよく語られるのが、マドレーヌ・ポミエという女の子が作ったとする説だ。

18世紀なかば、ポーランドの王だったスタニスラフ・レクチンスキーが、フランス東部のロレーヌ地方コメルシーに滞在していた時の事。レクチンスキー公は大変なお菓子好きとして知られていたけれど、ちょうどその時、菓子職人がいなかった。代わりにお菓子を作ったのが、メイドのマドレーヌ・ポミエだった。

出されたお菓子の美味しさに感激したレクチンスキー公は、そのお菓子に女の子の名前をつけたと言われている。

マドレーヌをフランスに広めたのも、レクチンスキー公だった。彼は、フランス国王のルイ15世と結婚した娘のマリーに、美味しいマドレーヌの作り方を教えた。マドレーヌは、王宮でも評判になり、フランス中に伝わった。




※全く知らない領域の話でした。実は、この本、小学3年生の息子が、学校の図書館から借りてきた本なんですよ。



この記事へのコメント
お世話になります。

マドレーヌは大好きなお菓子の一つです。

シンプルだけどいろんなバリエーションがきく懐の深さが良いですね。
Posted by 徳永 光之 at 2010年01月31日 17:01
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

マドレーヌが好きなお菓子だったのですね!それでしたら、この話は、ご存知でしたよね!

洋菓子にまつわる歴史も、面白いのが多いようですね。

もう一つ、面白いのがありますので、御期待下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年01月31日 19:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。