2010年02月12日

偉人の《思想と言葉》



今日は、日野原重明『生きかた上手手帳2010』より、巻末の【日野原重明先生から学ぶ偉人の思想と言葉】です。




☆石橋湛山(いしばし・たんざん) 1884〜1973


政治家。昭和31年、石橋内閣を組織したが3ヶ月足らずで病に倒れ、総辞職。組閣後、脳卒中の発作で聖路加国際病院に入院され、私(日野原重明先生)は主治医を任されました。首相辞任の決心の鮮やかさ、教養の幅広さに感銘を受けました。学問は、よりよく生活するためにするもので、日常生活に応用し実践せよ、というのが、彼の人生哲学でした。


「私は今でも有髪の僧のつもりであって、職業は別の世界に求めたとはいえ、宗教家たるの志をいまだこれを捨てたことはない」上田博著 『石橋湛山』(三一書房)より





※「学問は、よりよく生活するためにするもので、日常生活に応用し実践せよ」・・・この言葉を勉強しました。この考え方が根底にあれば、受験戦争も、少し趣が変わると思います。



この記事へのコメント
学問は学んで、問うと書きます。

思うには、学んだことについて、「何故」と問うことにより理解が深まり、日常生

活に応用し、実践できるようになるのではないでしょうか。

勉強、学習、学問とレベルがあがるにつれ、人間づくりが伴わなければならな

いと思います。

有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2010年02月12日 10:20
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。

『学んだことについて、「何故」と問うことにより理解が深まり、日常生活に応用し、実践できるようになる』凄い事だと、思います。

人間づくりですよね。その通りです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年02月13日 00:16
お世話になります。

コメント遅くなりました。

「学問は、よりよく生活するためにするもの」
ストレートで、響きます。

学ぶ理由をあれこれこねくり回すから、ややこしくなるんですね。

目的がぶれなかったら、
「勉強しなきゃ」から「学びたい」に自然になるのでしょうね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年02月13日 11:14
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

ストレートに、響いて頂き、ありがとうございます。

学ぶ理由を、そして目的を、ぶれないものにすると、自然に学ぶ姿勢に、なりますね。

私達のよく知る、ある方の座右の言葉は『生きてる限り、学びたい』です。この域に達するには、私はまだまだ時間が、かかりそうです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年02月13日 13:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。