2010年02月18日

ナンバーワンの“パート・バイト”

今日は、あるテレビ情報番組からです。

『ナンバー1パートバイト』


世の中の37.8%を実に占めるのがパートバイト


◎日本一バイトが多いのが、マクドナルド


ベストチャンピオンクルーがある


優秀なクルー3人が北京オリンピックに行った


ポテトを均一の重さに盛り付けたり、バンズを焼いたり蒸したりする


いかに手際良く作業出来るか


カウンター部門は、笑顔(スマイル)がナンバー1で姿勢もピンと伸びている


嫌な事があると更に笑顔になって忘れようとする、との事


◎クリーニング工場(不二ドライ)のナンバー1パートは、畳みが速く、全ての動作に無駄が無い


日本人は、真面目だから、やったからその分くれとか言わない


日本人は、ちょっと気付いた所を片付ける



◎スーパーカスミはパートバイトが8割以上


2005年から社内資格制度がある


鮮魚1級は、いかに早く美しく魚が捌けるか、長く触らずに手際良くやるのかコツで、その人のスーパーは刺身売上が伸びている


時給が上がる(3級30円、2級60円、1級120円)為、皆頑張る


しかし、有効期限が1年しかない



◎大星電機は、宇宙ステーション用のハーネスを作っている


そこのパートさんは細かい作業を速く美しく作る


皆の共通点は、責任感があるけど、控え目な印象がある


着物を着るパートバイトは、これから儲かる


自分が着物着れる技術等、技術を生かせる分野が、これから伸びる




※世の中の、ありとあらゆる企業の下支えをしている、アルバイトさん・パートさん。素晴らしいと思います。沢山の方々のお陰で、様々な事が、成り立っているのですね。



この記事へのコメント
先日、山形新幹線の齋藤 泉さんの本を読んだのですが
正社員でない、自給の立場であるにもかかわらず
尽きない努力と、喜ばれる工夫を絶えず続ける姿勢に
大変感じ入りました

パートさん・アルバイトさんの力が無ければ、日本は無いほど
底力を持って、この日本を支えているのだと思います
Posted by 尾上 正 at 2010年02月18日 06:43
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

齋藤泉様の御話は、尾上様のブログで、勉強させて頂いております。

『尽きない努力と、喜ばれる工夫』・・・自分には出来ているかな・・・

毎日が、反省の日々です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年02月18日 08:44
お世話になります。

ある意味会社にとって都合の良い立場のアルバイトさん、パートさん。
自他共に「しょせん・・・」と思いがち

その皆さんのモチベーションを上げ続ける工夫をしっかりされている企業は、常にその先にいらっしゃるお客様を見ているのでしょうね。
だから伸びる。

お客様から見ればそのお店の方が社員さんなのか、アルバイトさん、パートさんなのかは関係ないですもんね。

それにしても、4割弱・・・予想以上に多いのですね。
驚きました。
Posted by 徳永 光之 at 2010年02月18日 22:16
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

「しょせん・・・」と思いがちなのは、うなづけます。

モチベーションを上げ続ける工夫は、むちゃくちゃ必要です。

『お客様から見ればそのお店の方が社員さんなのか、アルバイトさん、パートさんなのかは関係ない』これ、案外、気づかないかもです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年02月18日 23:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。