2010年03月12日

ワタミ“ファミレス業界への挑戦状”



去年の11/12の日経新聞からです(一部削除及び要約)。



『ワタミ、ファミレス1号店開店』


居酒屋チェーンのワタミは(11月)12日、東京・大田にファミリーレストランの1号店『ごちそう厨房饗の屋』を開業する。客単価は2100円と、すかいらーく『ガスト』の750円などと比べ高めに設定。家族で記念日に食事する需要を開拓する。強気の価格が受け入れられるかは不透明だ。

店舗面積は約260平方メートルで129席(4人がけテーブル中心)で標準的ファミレス並み。

メニューは70種類で定食は1500〜2500円前後で、高額商品も揃える。

ファミレス大手は店舗網を縮小し価格も抑える傾向だが、ワタミ社長の桑原豊氏は「家族でハレの日に食事できるよう、高価格でも外食にしか出せない豊かさを表現したい」という。

2013年度までに55店体制にし長期的には首都圏・中京・関西で100店を目指す。






※敢えて、縮小市場に、《殴り込み的》な感じを受けます。どのような展開でお客様に評価され、業績を上げていくか、これから注目していきたいと思います。



この記事へのコメント
どうでしょうか?

中途半端な料金なように思います。

十分に調査して出店するのでしょうけどね。

一度行ってみたい気もしますが。

ありがとうございました。
Posted by 森本一央 at 2010年03月12日 22:35
森本一央様

訪問、ありがとうございました。

御指摘の通り、中途半端な料金かも、しれませんね。

出店する上で、相当研究したと思います。

私も、一度、食べに行ってみたいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月13日 06:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。