2010年03月15日

世界の人口は、何億人?!



今日は、去年11/19の日経新聞からです。



《世界の人口68億人》
09年版国連白書、アラブ諸国4%増


国連人口基金(UNFPA)が18日発表した2009年版「世界人口白書」によると、世界の人口は、08年に比べ約7970万人増え、68億2940万人となった。前年比の伸び率は1.2%で、これを上回る地域はアラブ諸国(4.4%)、アフリカ(2.3%)、北米(1.8%)など。日本の人口は70万人減(0.5%減)の1億2790万人で、国別でみて前年と同じ10位だった。

国別の首位は中国で、13億4580万人。1億4780万人の差でインドが2位となった。

白書が示した推計によると、50年の世界人口は91億5000万人に達する見通し。先進国は年平均の増加率が0.3%のペースにとどまる一方、アフリカやアラブ諸国は2%を超す増勢が続くという。




※如何でしょうか。どうお感じに、なりましたか?

世界全体で見ると、人口はドンドン増え、逆に日本人は、そのうち1億人を切ると、言われていますね。

私達が、出来る範囲内で、しないといけない事、考えていきたいものですね。



この記事へのコメント
人口が10億人を超える国が中国とインドです
日本の企業が中国とトンドに対して販売戦略を考える事は当然ですね

世界全体では人口増になっていますが
日本は減少傾向になり将来の社会保障制度にも影響を与えそうです。
Posted by 進藤幸男 at 2010年03月15日 14:47
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

日本の人口減少については、盛んに取り沙汰されていますね。

これから、中国・インドへの仕事の進出と、若い世代の育成が、急務な感じになりますね。

私自身は、小さな事でも、出来る事を、コツコツと行ってまいります。

明日も、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月15日 16:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。