2010年03月18日

ケーズデンキの販売戦略とは?!


本日は、ある日の情報番組からです。


家電量販店のケーズデンキは、郊外に目を向けていると、ケーズホールディングスの加藤修一社長


長年守って来た経営方針は、不況時に出店する


加藤修一社長は、いつも自然体


好況充実、不況拡大で、既存店の売上の上がり下がりを見ている


不況で良い物件が増えていて、新築の10分の1の値段で買える


周辺にライバル店があるから売れる


値段を比べてくれる対象に入らないといけない


ケーズデンキは、ポイントカードが無い代わりに、現金値引き


現金で支払う金額が少なくて済む


お客さんの財布がシビアになっているが、世間よりマシになっている


売価を上げてポイントを付けるのを止めたのが、7〜8年前


小さなポイントより大きなポイントは、実際引いていない


お客さんが住んでる所から近い、数キロの所に出店する


人口百万人以上の、電車バスが充実していたら、都市型の店舗もいい


販売現場は、様々な工夫がなされている


3億5千万円を1年間で売り上げた人の様子は、接客以外は禁止で分業化している


棚の高さを150センチに統一


売り場の持ち場を離れると、別の店員がフォローに入る


無理矢理買ってもらうと、取り替える手間もあるから、かえってコスト高になる


家電業界全体は数%の打撃


地デジがあるから、2〜3%から5%下がる程度


永い間の経験があるから自然体


極端に上がったり下がったりするのは、よくない





※ケーズデンキは、不況でも業績が上がっている元気な企業の中に入っています。その理由がわかりますね。学ぶべきところが、本当に沢山あります。自身の営業スタイルにとり入れる事、出来ると思います。



この記事へのコメント
過去からの経験値のすばらしさですね
経営者の先見性がこれからは決め手となるでしょう

確かに、ケーズデンキの売り場は活気があります
営業マンとして学ぶことは多くありますね・・・月に何度か売り場を見に行きます。
Posted by 進藤幸男 at 2010年03月18日 08:56
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

『過去からの経験値の素晴らしさ』『経営者の先見性』素晴らしい言葉、ありがとうございます。

営業マンとして学ぶ為・・・私も、売り場見学に行ってみます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月18日 10:34
確かに『過去からの経験値』は重要なファクターであると思います。
ケーズデンキ以外の家電量販店も同じく。

しかし「関西ケーズデンキ」の場合は根源から違った。

関西ケーズデンキはケーズデンキホールディングスの子会社。
(前身である八千代ムセン株式会社が吸収合併という形)

当時の八千代ムセンも一風変わった会社でした。

多くの在阪家電量販店の本社が大阪日本橋の電気屋街にあるのに
八千代ムセン本社は天満にありました。

「根源からして違う。」

見えているようで実は見えていない秘密がまだまだありそうですね。

私もその辺りの本音が見える曜日に家電量販店各社の販売現場に
足繁く通っています。販売日の活気溢れる様相とは一変した風景が
そこにはあるような気がします。
Posted by 田中勝範 at 2010年03月18日 17:34
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

「関西ケーズデンキ」の場合が、番組中、全く話はなかったです。

八千代ムセン株式会社が吸収合併されたのですね。

八千代ムセンの事、教えて頂き、ありがとうございます。

「根源からして違う。」の重みが、又ズシッと来ました。

テレビでは放映出来ない秘密が、ありそうですね。

“本音が見える曜日”にお店を足繁く通われる所、さすがです。

勉強させて頂きました。又、明日も宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月18日 17:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。