2010年03月28日

《残念な人、撲滅運動》




去年の10月3日に、『“凄いと残念”の少しの差』というテーマでブログ投稿致しました。


その時に、凄い人と残念な人を交互に文章にして、対比しています。


残念な人を撲滅したいので、載せますが、実は数日前、残念な人の残念行動を垣間見てしまいました。


もし、その当事者(御本人)が御覧になられていましたら、非常に気の毒ですが、 事実ですので、大いに反省して頂けたらと、思います。


その人は、何年か越しの筋金入りです。


数年前、同じような残念な目に遭ってから、しばらく連絡すら取れません(とらなかったほうが正しい)でした。


再会したのは、数ヶ月前、ある会社のセミナーでした。「牧野さん!」と、声をかけられるまで、気づきませんでした(これ、ほんと)。


セミナー終了後、立食での懇親会がありました。久しぶりの再会なので、少し飲み食いしながら喋りました。


「また、色々連絡してな〜」彼は、ライト感覚な喋りで、そう言っていました。


昔の事もあり、あまり信用しませんでしたが、いくつかの勉強会の案内をメールしました。


一つ目の勉強会が、今月中旬にありました。その時は、彼は「行く予定にしているが、直前に連絡する」と、言われました。


彼が、この会に来なかった事は、言うまでもありません。


二つ目の勉強会は、数日前にありました。


この時、やはり行く予定にしていると言った彼は・・・もう、わかりますね。


以上、《残念な人、撲滅運動》でした。


去るもの追わず、来るもの拒まず・・・スタンスは変えずに、やってまいります。


読んで頂き、ありがとうございました。



この記事へのコメント
心に突き刺さる記事です。(10月3日の記事も読みました)

過去。私は『残念な人』でした。
でも。何かの「縁」でしょうか。数年前の話です。
偶然、私は「凄い人」とバッタリ再開しました。
「凄い人」は仕事中。私は病院に行く途中(その後入院)。

入院中「なぜ?こんな事になったのか?」ばかり考えてました。

その時「凄い人」の「声」を居ても立ってもたまらなく聞きたくなりました。
病床から電話。
「今、入院してんねん・・・」
私の現実をありのまま「凄い人」に話し何かが吹っ切れた気がしました。

数日後。「凄い人」は・・・もうお分かりですね。

私が大学(化学)の研究生だった頃の「研究室に貼られた一枚の言葉」
「偶然をも必然とする勇気と観察感を磨け。時は過去からではなく未来から流れてくる。」
今はこの言葉を何度もつぶやきながら、そして周りに居る「凄い人達」に支えられながら「今」があると思っています。

まだまだ「残念な人」感が拭えない私。
「凄い人」に迷惑(不快感)をかけないよう心がけるようにしています。

心に残る記事を「今日も」ありがとうございます。
Posted by 田中勝範 at 2010年03月28日 19:32
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。10月3日の記事も読んで頂き、ありがとうございます。

過去は私も、残念な人でした。

「凄い人」に話し、何かが吹っ切れて、良かったと、思います。


「偶然をも必然とする勇気と観察感を磨け。時は過去からではなく未来から流れてくる。」・・・素晴らしい言葉です。


こちらこそ、「今日も」ありがとうございます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月28日 21:40
いつもお世話になります。

10/3のブログも読ませていただきました。

そして、残念な自分に、とても残念な気持ちになりました。

牧野さんにも、いつもお誘いいただいているのに、
「また参加させていただきます。」
と言いながら、「都合がつきませんでした。」と、
キャンセルばかりしていますね。ごめんなさい。

そんな残念な私に、いつも気長にお声をかけていただき、
ありがとうございます。

凄い人には程遠くても、
せめて残念な人にはならないように、
10/3日のブログ、いつでも見れるようにコピーさせていただきました。

ありがとうございます。
Posted by ひまわり at 2010年03月29日 11:54
ひまわり様

訪問、ありがとうございます。

10/3のブログも読んで頂き、ありがとうございます。

☆残念の法則・・・『自分が残念な人だと思っている方は、実はそうではない』です。逆の方が問題視されます。

ひまわり様は、お誘いの連絡に、しっかり返事して頂いていますよ。

今回の主人公の方、先日の勉強会後4日も経っても、電話一本もありません。おそらく、御自身で自覚していないと思います。

10/3のブログ内容、いつでも見れるようにコピーして頂いたとの事、感謝です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月29日 13:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。