2010年03月29日

《クロネコヤマト》の歴史

ある日の情報番組からです。

クロネコヤマトは、宅配業界ナンバーワン。ヤマト運輸(ヤマトホールディングス)小倉康嗣社長(三代目)が、その時のゲスト。創業大正8年。オイルショックで大ピンチの時、二代目が小口便だけを便利にすると宣言。荷物は手紙より遅くても当たり前の時代に翌日配達や重い荷物の集荷をする大胆発想。営業部を廃止し、ドライバーがセールスドライバーをし、お客さんとの会話を忘れない。時間を守る。一日300万個。

世の中の不便な部分を見つけて直ぐに便利にする努力と創意工夫。ゴルフ宅急便、クール宅急便、スキー宅急便が代表格で、スキー宅急便は、初年度で25万個の実績。ネコ窓、二段ステップ、助手席のフラット等、車にも工夫が。最新の輸送方法はリヤカー導入。最新道路交通法も関係無し。

一番の障害は役所だった。全国展開に15年かかった。地元の運送業者を守る為に、なかなか免許を出さなかった。メール便は80円。普通郵便は120円。手間が変わらずお客様だけが増え、儲かる。


お客様を見て便利な開発がある場合、誰とでも戦うDNAがある。




※初めて何かを実践する人、出来る人、尊敬します。私達の生活を便利にしてくれた会社に、敬意を払います。



この記事へのコメント
お世話になります。

そういえば、田舎から荷物を送ると言われる時、
「ゆうパックじゃなくて、クロネコで送ってね」
といつも言います。

ヤマト便は
1、送るときに時間指定できる
2、再配の際、ドライバーの携帯電話が書いてあり、
  「今家にいます」と言えば、近くにいれば持って来てくれる。
3、近くのコンビニで受取が出来るので、帰宅が遅くなっても受け取れる。
4、これらの依頼がネットでできる。

と、忙しい働いている人にとっては
融通が利いて、すごく便利なんです。

民営化されたとはいえ、郵便局ももう少しがんばって欲しいですね。
Posted by ひまわり at 2010年03月29日 11:07
一方の雄、ライバル会社の『佐川急便』

こちらも『クロネコヤマト』とほぼ同等のサービス展開をしていますね。
両社は互いに顧客の棲み分けを行ってそれぞれ成長してきました。

クロネコヤマト→個人
佐川急便→法人

今。その『棲み分け』がほとんど無くなってきているサバイバル状態になっているとも見えます。

実際、佐川急便はアマゾンとの提携で急展開しています(書籍などをアマゾンで購入すれば佐川急便で届けられます)。
ヤフーオークションでもほぼ50%以上のシェアで佐川急便が利用されています。

利用料金も若干佐川急便の方が安い。

先駆者に追いつき追い越せで急展開しています。

かつて『佐川急便』は様々なダーティなイメージがありました。しかし最近ではそのイメージも払拭された感があります。
特に環境に関して天然ガス車両を導入したのも業界では一番だったのではないでしょうか?

追う者と追われる者

お互い切磋琢磨してよりよいサービスになってくるいい例だと思います。
Posted by 田中勝範 at 2010年03月29日 12:01
ひまわり様

訪問、ありがとうございます。

「ゆうパックじゃなくて、クロネコで送ってね」が、合い言葉なんですね。

ヤマト便のメリットは、凄いですね。時間指定、再配の際の近隣配送、コンビニでの受取り、ネット依頼。まさに、顧客目線ですね。

融通が利くのが、一番ですね。

郵便局も、もう少しがんばって欲しい・・・わかるような気が致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月29日 14:56
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

クロネコヤマト→個人、佐川急便→法人・・・そう言えば、そうですね。

確かに、その『棲み分け』が、無くなってきていますね。

田中勝範様は、本当に、色々な事を研究されていますね。

先駆者に追いつき追い越せの様相は、どの業界でも同じですね。

『佐川急便』のイメージ払拭は、普段からのコツコツとした努力が、実を結んだのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年03月29日 15:24
こんばんわ、一ノ坪です

ネコさんと飛脚くんは、当社では使い分けているようです。

値段は飛脚が安い

丁寧さではネコさん

こんな感じですね

競争して、よりよいサービスを提供し続けて欲しいものです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2010年03月29日 23:42
こんばんわ、一ノ坪です

ネコさんと飛脚くんは、当社では使い分けているようです。

値段は飛脚が安い

丁寧さではネコさん

こんな感じですね

競争して、よりよいサービスを提供し続けて欲しいものです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2010年03月29日 23:42
一ノ坪さま

はじめまして。田中勝範と申します。
よろしくお願いします。

ネコさんと飛脚くんですが宅配(個人向け)に限っては
双方遜色ない応対です。
場合によって不在時再配達対応はトータルで飛脚くんの方が
丁寧な時があります。

このように競争原理が上手く働くといいですね。
Posted by 田中勝範 at 2010年03月30日 05:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。