2010年04月07日

オノ・ヨーコさんの本からの教え

本日も、毎日メッセージを届けて頂く、大先輩からのメールです。

イマジンを歌ったジョンレノンさんの奥さん。今、感じてもらいたいと思います。

「今あなたに知ってもらいたいこと」(幻冬舎)


 著者
オノ・ヨーコ
 
* 誰かのまねや、社会の要求に合わせた生き方をすると、
どうしても心が弱くなります。どんな状況でも自分らしく
あり続ける。その1点で人はとても強くなれるものです。

* 70年以上にわたる人生を振り返ってみると、私はさまざまな
出来事を体験しています。小学生のとき、東京大空襲に遭い
疎開生活を余儀なくされ、ポツダム宣言から8年後には
親の仕事の都合でニューヨークに移り住みました。

そして、30歳で長女京子、42歳で長男ショーンの出産を
経験しました。人種差別や女性差別、夫ジョンが目の前で
射殺されるなど辛い出来事も多々ありました。

* 私は人のことを批判するエネルギーがあるのなら、
それを自分の生活をよくしていくエネルギーに使ったほうが
いいと思います。

* 人生を生き抜くのには、愛の力を使ってください。
* 相手の価値観を認めてあげ、許すことができれば、それは
  人を理解し、愛することにつながります。まず私の健康に
  とって、いちばん大事なことは、許すことと愛すること。
  これは私が「傷つきの人生」の中でわかったことです。

* 私が70歳代まで生きながらえた秘訣。毎日ひとつ、心が
踊ることをするのです。「パーティーを開く」なんていう
大げさなことでなくてもいいのです。空を見て、
「あっきれいだな」と思うだけでいいのです。

ときにはあまりにも憂鬱で何に対しても心が反応しない
ことがあります。そういうときには、誰か他の人の心が
踊ることをしてあげてください。

* やはり、すべては気持ちからスタートしているのです。
気持ちを楽しくするだけで、健康状態も運命もよい方向へ
変わっていくのです。




※何か良いこと、一つから始めてみましょう!続けてみましょう!



この記事へのコメント
オノ・ヨーコさんの言葉には力がありますね。
今後の自分にどんどん取り入れたい言葉で溢れています。

実は私も「あること」を2つ実践し始めています。

1つは「目標・到達点」といったものに対する外野からの意見に関しては「本当なの?」「では、そういう意見を証拠とともに私が納得できるまで説明して欲しい」と意思表示をするようにしています。

大抵は「過去の事例」でもって反論してきますがそれはあくまで「過去の話」。

私は「今から」のことに対する反証を求めているので外野からの意見は納得のいかないものとなります。

2つめは奇しくも「批判しないこと」を意識して行っています。ただし建設的な(ポジティブ)なことに限ってです。

素晴らしい事に対して「そんなのムリムリ」「そんなこと言っても世間では・・・」などと言ってしまうと、自分自身をも否定あるいはネガティブにしてしまうことになりかねないので、それは自分自身が求めていることとはかけ離れていくと思うからです。

以上のことをすることで「自分が心から求めている目標」にむけて進んでいくことが実感できるので「意識」して行っています。

オノ・ヨーコさんの「言葉」を紹介して下さりありがとうございます。
これで私が今取り組んでいることは間違いないことであると確信できました。
Posted by 田中勝範 at 2010年04月07日 06:29
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

実践している2つの事、教えて頂き、ありがとうございます。

納得できるまで説明してもらう事を意思表示をするのは、大切ですね。

「過去の話」は、過去にすぎないですよね。おっしゃる通りだと思います。

建設的なポジティブなことであれば、批判しない事は、良いですね。

「そんなのムリムリ」「そんなこと言っても世間では・・・」などと言ってしまう人は、少なくないですね。

「自分が心から求めている目標」にむけて進んでいくことが実感できるのは、とても素晴らしい事ですね。「意識」する事は尚、良いですね。

田中勝範様が、今取り組んでいることが間違いないのが、私のブログで確信に変える事が出来て、“お役立ち出来た感”で、いっぱいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月07日 17:56
いつもお世話になります。

70年も生きてこられた大先輩の言葉は重みがありますね。
ましてや、こんなにも波乱万丈にいろいろな体験をなさった方の言葉は、
その一言一言の裏にはどんな経験や想いがあるのかと考えると、
とても心に響きます。

少し前にとても印象的なCMがありました。
どこかの保健会社のCMだったと思うのですが、
一人のお年を召した女性がカメラに向かってこう言うのです。

「私が未来を語ったらおかしいですか?
 私が起業するかもしれないでしょう?
 恋をするかもしれないでしょう?」
と。

かなりお年を召された方ですが、
凛とした印象で、
「もしかしたら、本当に起業されるかも。恋もされるかも。」
と、自然に思わされ、幸せな気分になりました。

いくつになっても、きらきらと未来を語れる、
わたしもそんなおばあちゃんになりたいと思いました。

年をとると、思い通りに行かない事が多くなり、
ぐちっぽくなってしまいがちですよね。
心と体の健康がないと、未来も語れないでしょう。

未来を語れるおばあちゃんになるため、
今から健康な心と体づくりを心がけなければいけませんね。

今回のオノ・ヨーコさんの言葉は
健康な心づくりにとても参考になる言葉だと思います。

ありがとうございました。
Posted by ひまわり at 2010年04月08日 11:13
ひまわり様

訪問、ありがとうございます。

確かに、長い人生経験を積んだ大先輩の言葉は、非常に重みがあります。

素敵なコマーシャルのお話、ありがとうございます。

何についてもそうですが、適齢期というのは無いと、私は思っております。

いくつになっても、未来を語れる人間に、なりましょう。

愚痴を吐くと、自分の耳が、一番近くで聴いています。言わないようにしましょう。

未来を語れる人は、健康な心と体を持っていますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月08日 12:47
牧野さん!
良書ご紹介ありがとうございます。

早速図書館で予約しましたー。

感謝です。
Posted by OhWest at 2010年04月12日 12:09
OhWest様

訪問、ありがとうございます。

図書館で予約なさいましたか。

良かったです。お役に立てて、光栄です。

これからも“真実一路”を、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月12日 13:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。