2010年04月17日

“おくせん”って、ご存知?!



先日、平日朝のテレビ番組『はなまるマーケット』で、《おくせん》なるものを紹介していました。


それは、何か・・・《奥さま川柳》の事だそうです。これは、主婦・妻・奥様をテーマにした川柳の公募企画だそうで、ホームページや懸賞ガイドに告知を載せ、応募資格不問、応募期間1年という長い企画でコンテストが始まったそうです。


その第二回目の受賞作品が決まりましたので、御紹介致します。



☆大賞・・・お醤油は? そこにあるでしょ 昔から PNリリアンさん(48歳岡山県・主婦)

☆優秀賞・・・去る土地の スタンプカードが 捨てられず 神奈川県 あとちょっとだったのにさん(33歳・無職)

☆優秀賞・・・仲直り せずともそっと 毛布掛け 山形県 コーさん(49歳・会社員)

☆お宿ねっと賞・・・一夜だけ 奥様気分の 旅行先 宮崎県 おかみちゃん(51歳・会社員)

☆NHKエンタープライズ賞・・・何食べたい? 変える気ないけど 聞いてみる 神奈川県 ひろし(30歳・専業主婦)

☆NHKエンタープライズ賞・・・愛してる 言えばケータイ チェックされ 和歌山県 犬助(29歳・会社員)

☆NHKエンタープライズ賞・・・倦怠期 離婚も別居も 面倒だ 大阪府 和泉のブタ(63歳・パート)

☆JA全農賞・・・不思議な手 微熱も分かる お母さん 神奈川県 好心(32歳・専業主婦)

☆JA全農賞・・・しめないで 財布のひもと オレの首 岡山県 まちゃ(35歳・会社員)

☆JA全農賞・・・残念ね 釣った魚は エサを食う 埼玉県 ニコママン(45歳・専業主婦)

☆JA全農賞・・・思い出せ 私は何を 買いに来た? 東京都 買い物途中(41歳・主婦)

☆JA全農賞・・・「遅くなる」 昔「どうして」 今「どうぞ」 兵庫県 やましたより(51歳・会社員)





※如何でしたでしょうか?この他に、佳作が20点ありましたが、割愛しました。面白いですね〜。サラリーマン川柳も好きで、以前紹介しましたが、これもご家庭の奥さまの気持ちをよく表現していますね。次回、応募してみようかな・・(笑)。



この記事へのコメント
今は川柳ブームになりましたね・・・
第一生命の「サラリーマン川柳」がメジャーにしました

大阪にも楽しい川柳があります。私の親友が審査委員しています
「大阪弁川柳」・・・難波、なんなんタウン商店街が主催しています
  なんなん大賞
    地球ごと ワクチン接種 無理やろか
  優秀賞
    どんならん ハローワークの 繁盛は
    ええもんや 嫁の笑顔と 子の寝顔
  佳作
    新型や 車ちゃうやん 風邪やんか
    遼君が 好っきヤゴルフは知らんけど
Posted by 進藤幸男 at 2010年04月17日 08:07
うまいですねぇ!

僕も川柳やってみようかな。

ところで牧野さんの川柳はないんですか?
Posted by 晴山 力 at 2010年04月17日 10:05
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。確かに、川柳ブームになっていますね。

大阪の「大阪弁川柳」楽しいですね。

これなら、頭に浮かびそうですね。

「無駄やんか 会議ばかりじゃ 売れまへん」

今、頭に浮かびました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月17日 11:13
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

川柳やるのは、面白いですね。

私の川柳は、ないですが、ちょっと今後、作ったりしていきます(先ほどの進藤様の御返事に一つ書きました)。

他に出ている川柳のコンテストも、注力してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月17日 11:19
タイムリーな記事ありがとうございます。

実は「作る」ことはしてないのですが、ラジオ番組「しあわせの五・七・五」「たまねぎジャーナル」(毎日放送ラジオ)、「近藤流健康川柳」(毎日新聞)にハマっておりリスナーさんや投稿者さんの句を楽しんでいます。

「たまねぎジャーナル」ではリスナーさんの政治・生活に対する痛烈な風刺が織り込まれヘタにニュース番組見るよりも実際に一般市民が「今、何を想っているのか?」がわかります。今の政局を担う人達に「囲碁」などせずに耳を傾けて欲しいものです。

もう一つタイムリーな話題。

今朝の毎日新聞朝刊(4/17大阪版)に「脳トレ川柳」で2段に昇格した「102歳」のおじいちゃんの記事が載っていました。

その方は定年まで銀行勤務、定年過ぎても83歳まで会社の経理をし、85歳で中国画を学びだし、100歳!で「脳トレ川柳」を始めたのだそうです。

その中の句を同新聞より引用記載します。

「骨と皮それでも生きて夢人生」
「脳トレで元気でネーと妻逝けり」
「我百二これから人生旬の味」

だそうです。

このおじいちゃん。体調が悪く医者に診断してもらうも医師から「もう年だから・・・」と言われたときに「年だからという病気はない」と納得しなかったそうです。
100歳以上の双子で有名だった「きんさんぎんさん」ですがテレビCMで得たギャラを何に使うのか?とインタビューされたとき「老後の資金にします。」と言っていたのと同じですね。
世間で言う「常識」を自分なりに考え「非常識」であると、ご自分の言葉で表現されています。

話し変わって・・・

昔、会社勤務時代、取引先企業(大手通信企業)の会議室に貼ってあった一枚の紙。

「会議は、資料一枚、一時間で立ってやる」

これを川柳(風)にすれば

「一時間資料一枚良い会議」

となるのでしょうか?

ここで一句。

「目標を、定めてただ今、真っ最中」

失礼しました。。
Posted by 田中勝範 at 2010年04月17日 15:01
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

田中勝範様!ハマっていたのですね、川柳。

様々な川柳に関する番組があるのですね。

「脳トレ川柳」で2段に昇格した「102歳」のおじいちゃん、スーパーマンですね!

「常識」を「非常識」に出来るパワー、圧巻です。

会議の川柳、最高ですね。立ってやるっていうの、凄いです。

これ、ちょっと参考に致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月17日 18:03
牧野さま

「立って」する会議スタイル。

意外と効果的ですよ。
但し少人数が原則(そもそも大人数でやる「会議」は会議ではなく「単なるトップダウンの意思伝達の儀礼」だと思っています)

会社勤務時代早速そのアイデアを参考に、スタンドテーブルにグルリと6人程度。
コーヒー片手に資料は一枚。立ってるので実際1時間以上も出来ないし、そんな状態では1時間も集中できない。せいぜい長くて40分が限界。

資料は事前に配布していたので後は「ここをこうして」程度で意思決定し皆が皆同じベクトルで仕事をこなす。

結果的に納期を短くすることができました。

ご参考まで...。
Posted by 田中勝範 at 2010年04月17日 18:40
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

効果的なんですね。立って行う会議。

スタンドテーブルに6人程度が、いいのですね。立っているので、時間が短縮出来て、良いですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月17日 18:56
お見事!

たしかに役員や役職の人は会議にばかり時間がとられて、
時間がないって聞いたことがあります。
机上の空論ですよね。

田中先生の「一時間 資料一枚 よい会議」も勉強になりました。

会議の資料10数枚、細かい字で書かれていたら、
理解するのが大変で困ることがあります。
1時間で立ってやる。
早く終わらそうという気になりますものね。
勉強になりました。ありがとうございます。
Posted by 晴山 力 at 2010年04月18日 20:00
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

非効率な会議で、時間がない事は、あちこちで聞こえますよね。

1時間で、立ってやる、資料1枚の会議は、是非参考にしていきたいです。

本日も、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月19日 06:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。