2010年04月18日

【手を合わせる】



【手を合わせる】


手を合わすれば

憎む心もとけてゆき

離れた心も結ばれる

まるいおむすび

まるいもち

両手を合わせて作ったものは

人の心をまるくする

両手合わせて拝んでゆこう



手を合わすれば

重い心も軽くなり

濁った心も澄んでくる

生かされ生きて花薫る

楽しい世界にしてゆこう

二度とこないこの人生を



(「坂村真民詩集」より)



この記事へのコメント
おはようございます。一ノ坪英二です。

拝むことだけではなく、
「手をあわすこと」には深いものを感じます。

ありがたい、お話をありがとう!

先日は早朝からメールをありがとうございます。
自動車移動でしたので、返信できず失礼いたしました。
いつも「真実一路」で情報を頂いており感謝します。
Posted by 一ノ坪英二 at 2010年04月18日 08:23
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

「拝むこと」と「手をあわすこと」は、それぞれに、意味深いものを、私も感じます。

それに気がついたのは、40歳を越えてからだと思います。

お墓や神社に、手を合わせに行く事が増えたからだと思います。

昨日は朝からメール、すいませんでした。前日のお礼を、どうしても伝えたいと思い、メール致しました。

今後共、「真実一路」宜しく御贔屓下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月18日 08:41
手を合わす

本当に色々な意味がありますね。

学生時代に少林寺拳法をしていました。乱取り(組み手)・演舞の際には相手に対し「お願いします」の意を込めて「合掌」します。
柔道や空手、剣道・・・ではそのような習慣はありませんが組み手をすることを「手合わせ」と呼ばれることがあります。

「いただきます」
これは仏教からきた言葉で「手を合わせ」て『(お命)いただきます』の感謝を示すものであると解釈しています。(少林寺拳法は禅宗の一つ)

「暖を取る」
手を合わせて「こすり合わせると」暖かくなりますね。これは昔から身近にある即効性のある暖を取る仕草。

「いらっしゃいませ」
商売人はお客様に対し「手を合わせ」やがて手を揉む感じになります。この仕草の本当の意味は詳しく知りません。が、感謝しているようでしていないような仕草です。

「考え事をするときのクセ」
これは私だけかも知れませんが、机の前に座り「考え」事を集中するときに「手を合わせ」両肘を机につきその両手を口にあてて目を閉じます。すると不思議と集中することができます。

摩訶不思議な仕草・所作であると思います。
某TVCMではありませんが「お手手のシワとシワを合わせて南無」というのもご先祖に対する「感謝」。

最近、芸能人の方でも「ありがとうございます」を述べる時に「手を合わせる」方もチラホラ見かけます。

「手を合わせる」
たったそれだけの仕草・所作によって対人関係もどこか「丸く」なるような気がします。本当に摩訶不思議な「習慣」であり無意識にする動作ですね。
Posted by 田中勝範 at 2010年04月18日 12:30
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。

本当ですね。色々な意味がありますよね。

少林寺拳法だけが「合掌」しますよね。よく考えたら、そうでした。

私、剣道をしておりましたので、言われてみたら、そうでした。

「手を合わせる」事に関して、色々教えて頂き、ありがとうございます。

とても、素晴らしい内容なので、これらの内容を、mixiに載せさせて頂いても、よろしいでしょうか?

メールにでも、御返事頂けると、嬉しいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月18日 13:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。