2010年06月15日

“偉大なる凡人”から学ぶ




今日は、あるメルマガ(『情熱思考』是久昌信著)から、引用します。



ある人が人生に限界を感じ、もう死にたいと泣きながら眠りについた。


すると、様々な人と話する夢を見た。




1.「聞いて下さい。私は倒産しました。恋人も失いました。選挙に8回も落選しました。」

「私もだよ。それが何か?」 【第16代アメリカ大統領 エイブラハム・リンカーン】



2.「聞いて下さい。私は言語障害です。入試に3度も落ちました。選挙に2回も落選しました。」

「私もだよ。それが何か?」 【イギリス首相 ウィルストン・チャーチル】



3.「聞いて下さい。私は知能が低いと言われました。仕事を2度も首になりました。ある研究で1万回も失敗しました。」

「私もだよ。それが何か?」 【発明王 トーマス・エジソン】



4.「聞いて下さい。私はなかなか言葉が話せず、読み書きを覚えるのにも時間がかかり、妄想癖があり、どこの学校にも入れてもらえませんでした。」

「私もだよ。それが何か?」 【20世紀最大の天才 アルバート・アインシュタイン】



5.「聞いて下さい。私はお店も、資産も失いました。新しい仕事の売り込みは1000人以上に断わられました。」

「私もだよ。それが何か?」 【伝説の起業家 カーネル・サンダース】



6.「聞いて下さい。私は7回も事業に失敗しました。5回も破産しています。」

「私もだよ。それが何か?」 【自動車王 ヘンリー・フォード】



7.「聞いて下さい。私は創造力が乏しく、アイデアにセンスがないと会社を解雇されました。何度も破産を繰り返しています。」

「私もだよ。それが何か?」 【アニメの神様 ウォルト・ディズニー】





その人は夢のなかで7人の偉大なる凡人に出逢った。

彼らからどんな事にも傷つかない心と諦めない勇気をもらった。

成功するまで何度も失敗しても尽きる事のない情熱をもらった。

人生に限界はない。失敗を恐れてはいけない。

成功は、偉大なる失敗の連続から生まれる結果だから。

情熱を持って偉大なる失敗を繰り返せる凡人が、世界を変える。






※如何でしょうか?私は、この7人の偉大な方々の話を、子供に伝えようと、直ぐに思いました。人間は“能力ではなく、努力の数”なのですね。希望が沸いてきます。



この記事へのコメント
私は学生時代にケンタキーフライドチキンの某店で4年間ビッチリアルバイトしていましたので「カーネル・サンダース」の言葉は心にストンと落ちました。
因みにカーネル・サンダースは60歳の時に起業されて大成功を収めています。

他の偉人の言葉も何故か?すんなり受け入れることができます。
私が独立した時の年齢は30歳前半。失敗、失敗、失敗・・・、転職、転職、転職・・・の連続を繰り返し、色んなことも経験してきましたがまだ『死んで』ません。

生きててなんぼ?のこの世界。死ぬまで何が起きるか分かりません。

AC(公共広告機構)のTVCMで「どうしようもなくなった時につぶやいてごらん」で有名な赤塚不二夫氏の名言(魔法の言葉)『これでいいのだ』。これをつぶやくだけで案外上手くいくものです。
Posted by タナカ at 2010年06月15日 06:44
こんばんわ(*^_^*)。

実際に体験してみないと
何も、わからないですね。
私は、子供たちにも
何も、教えていません。

いっぱい怪我をし
いっぱい喧嘩をし
いっぱい失敗をし

自分で、切り開かせています。
偉人は、失敗を積み重ねています(*^_^*)。
喧嘩も、大切。
怪我も、大切。

いっぱい傷ついたら、よいと思います。

軟弱な人間に、なってほしくないから♪
Posted by すーみんです。 at 2010年06月15日 22:27
タナカ様

訪問、ありがとうございます。返事が遅くなり、申し訳ありません。


私も、7人全ての偉人の言葉を、すんなり受け入れることができました。子供たちに教えてあげようと、すぐ思いました。

タナカ様と、何時間かお話した時に、様々な苦労をされて来られた事、感じる事が出来ました。

赤塚不二夫さんの『これでいいのだ』は、最高ですね。あと、私をラッキーな方向に導いてくれた言葉・・・

ツキを呼ぶ魔法の言葉の、五日市剛先生の『ツイてる』『感謝します』『ありがとう』です。この言葉を頻繁に使う習慣に出逢わなければ、今の私はなかったと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月16日 07:38
すーみん様

訪問、ありがとうございます。返事が遅くなり、申し訳ありません。

実体験が学習・・・その通りだと思います。

怪我・喧嘩・失敗を繰り返し、痛い思いをするから、成長するのですね。

これからの時代を生き抜くには‘軟弱な人間’では難しいですからね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月16日 07:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。