2010年06月28日

“大物を味方につけるコツ”とは?!




本日は、4月3日に初めて紹介しました面白い本『しょぼい自分を「大物」に見せる技術』から【「大物」を味方につけるコツ】です。





☆大物は大物を呼び、大物の近くには大物がいる。コバンザメでも構わないから大物人脈を広げて、自分の大物オーラを拡大させろ。

☆大物に気に入られるには、その人に惚れてしまうことだ。こっちが好きになれば、相手も好きになってくれる。

☆最初は話せなくてもいい。ただ、ピッタリと寄り添っておくだけで大物は目をかけてくれるようになる。

☆会う回数が多いほど、親密度は増していく。大物人脈を手に入れたければ、用がなくても何度も顔を出せ。

☆大物人脈がないうちは、とりあえず大物の言葉を引用しておけ。そうすれば、なんとなく大物っぽく見えるのだ。

☆腹が立つことがあったら、相手を赤ちゃんだと思え。常に「上から目線」でいれば、誰に対しても腹が立つことはない。

☆どんなに謙遜しながらも心の中では「オレが一番」と思え。

☆いざとなったら土下座する勇気を持て。大きく謝ることができるのも、大物に欠かせない条件である。

☆大物から嫌われることを恐れるな。ときには面と向かって意見することが「こいつは見どころがある」という評価につながる。






※まんざらでもない、うなずける内容な、気がしております。『相手を赤ちゃんだと思う事』私は多々、ありますね。『土下座をする勇気』これも必要ですね。



この記事へのコメント
笑い話になりますが、

高校の家庭科の授業中。

先生の雑談。

貴女たち、いずれ
結婚して、家庭を築くでしょう。

夫婦円満の秘訣は、
旦那さんを赤ちゃんと
思うことです。

世の男性の方々には
失礼ですが。。。

その授業をしてくださった恩師に感謝しています。
Posted by すーみんです。 at 2010年06月28日 07:04
すーみん様

訪問、ありがとうございます。

夫婦円満の秘訣=旦那さんを赤ちゃんと思うこと!・・・わかるような気が致します。

「亭主元気で留守が良い」なんて言うのも、ありましたよね。

世の旦那さんは、私も含めて、色んな意味で頑張らないといけませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月28日 14:38
前のコメントにも書きましたが「等身大」が一番です。

そもそも「しょぼいと思う」事自体が、自分を卑下し「自己否定」した枠の中にいるような気がします。

伸び伸びと「大きくなった」と感じたらそれでいいのです。
しかしそれ以上に「大きく」見せる必要はない。

「腹が立ったら相手を赤ちゃんだと思え」というのは営業の中ではよく教えられる事ですね。しかし、そう思ってしまったら営業ではなくなると思います。

夫婦円満の秘訣でも、旦那さんを赤ちゃんと思ってしまったら、それは旦那さん・夫ではなくなると思います。その逆もあると思います。

「相手と自分」

元々の根源はひとつの世界に集約されるとは思いますが、現時点においては赤の他人。考え方や習慣、目指すところなど「違うん」だという認識から入らなくてはいけないのではないかな?と感じました。

少し生意気な事を書いてしまいましたね。
でも、こういう「考え」があることも知って欲しいと思いました。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年06月28日 15:00
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

「しょぼいと思う」=「自己否定」・・・そう解釈しても、不思議ではないですね。

必要以上に大きく見せる必要は、ないですね。

「腹が立ったら相手を赤ちゃんだと思え」は、対お客様で考えた事は、ないですね。

ブログの中では、様々な考えがあることを、表現していって頂きたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月28日 15:33
牧野さま。田中さま。

旦那さんを、赤ちゃんと思いなさいと
指導してくれたのは
間違いではないと思いますよ。

仕事で、帰ってきたら
母の愛と慈しみで、接してあげましょうと
言うことだと思いますよ。
良妻賢母というでしょう。
私は、実際に。
子供より、夫に対し。
慈しみで、接していますよ。家庭円満のために♪♪♪。
Posted by すーみんです。 at 2010年06月28日 19:19
おじゃまします。
夫婦はお互いの胸の中が
安らぎの場ですよね。

だんな様は自然にくつろげる場所が
家庭であります。(奥さんの推測)

それを受け止めているのですね。
だから、だんな様は赤ちゃんでいいのだと
思います。(明日への活力かな)
ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2010年06月28日 21:58
すーみん様

訪問、ありがとうございます。

「旦那さんを、赤ちゃんと思いなさい」=「仕事で、帰ってきたら、母の愛と慈しみで、接してあげましょう」・・・男の人は、そうしてもらいたいと、思います。

家庭円満は、そういうのが、いいかもしれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月28日 22:02
佐伯久美子様

訪問、ありがとうございます。

「夫婦は、お互いが、安らぎの場」・・・そうですよね。

「だんな様は自然にくつろげる場所が家庭」・・・私も、そうありたいと、毎日思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年06月28日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。