2010年07月15日

スタジオ・ジブリの新作は?



私は、スタジオ・ジブリの映画が大好きです。

映像もさる事ながら、ストーリー性もあり、いつも中に入り込んでしまっています。

そのジブリの新作が、この7月17日、公開になるようです。『借りぐらしのアリエッティ』という作品で、たまたま立ち寄ったファーストフード店の、子供向けの新聞《スポニチジュニア》に載っていましたので、紹介致します。




スタジオ・ジブリの最新作がついに公開!企画・脚本は宮崎駿さん。今回は“ジブリ最年少監督”米林宏昌さんが監督を務める。

舞台は郊外の荒れた庭がある古いお屋敷。その床下には、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティと父ポッド、母ホミリーの3人がいた。お屋敷の人たちに気づかれないよう、少しずつ石けん、クッキーやお砂糖、電気、ガスなど自分たちの暮らしに必要なものを必要な分だけ“借りて”ひっそりと暮らしているのだ。

そんなある夏の日、病気療養のため12歳の少年・翔がやって来た。床下の住人は人間に見られてはいけない。その掟を破り、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。快活なアリエッティと病弱で孤独な少年・翔。2人の間に恋心が芽生え出た時、事件が動き出す・・・。




こういうふうに、読んでしまうと、映像館に行きたくなるから不思議ですね。<宣伝文の効果力>って、とてつもないです。



この記事へのコメント
先日、あるTV番組でティザー(予告編)専門を手がけているある女性の放送を見ました。

その方はティザー(予告編)専門であるがゆえに突出して海外発の映画などを日本向けに合ったカタチで制作しておられました。

なるほど。確かに「こりゃ私ら好みだわ!」と感心もし「あ。欧米人好みってこんなの?」という発見があったり・・・。

スタジオ・ジブリの場合は「どこか我々向きなんでしょう」ね。

因みに私は・・・。

「飛べない豚は、ただの豚だ」

の作品が一番のお気に入りです(笑)
Posted by タナカ at 2010年07月15日 20:46
タナカ様

訪問、ありがとうございます。やっぱり、そういった専門の人、いてるのですね。

どうすれば、海外発の映画を日本向けに合ったように制作出来るのか・・・そもそも、海外向き、日本向きって、何なのかと思ってしまいました。

タナカ様は、実際お会いして、発見があって、良かったですね。

スタジオ・ジブリは、我々向きなのが、どういった手法か、知りたいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月16日 06:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。