2010年07月21日

これからの“ビジネスの備え”




先日、とある会社のセミナーに参加しました。


これからのビジネスモデルは、避けて通れない現実があるので、それを踏まえて行動する事が、絶対的命題であるとの事。


さて、その『避けて通れない現実』・・・それはいったい何だと思いますか?


それは、日本国内の《少子高齢化》です。


「なんだ、そんな事か!!」・・・そんな事、知っている、なんていう声が聞こえて来そうですね。


実は、それは知っていても、問題はそこからです。つまり、《少子高齢化》が何を引き起こすか・・・そう、日本国内の人口減少です。


「それも、知っている」・・・では、今後、どれくらいのスピードで、どれくらいずつ人口減少していきますか?


問題は、ここなんです。実は、日本の人口は、2006年を境に、減り続けています。


その数を聴いて、腰が抜ける思いがしました。


2050年までの40年間で、減る累計人数は、なんと3800万人になるそうです。


そして、そのスピードは、毎年80万人以上ずつの人口が、減り続けてしまうそうなんです。


これは、広島県広島市一つ分に相当する人数です。つまり、毎年、広島市一個分が、毎年無くなっていく事に、なるんです。


これを聞いて、感じて頂ければ、と思います。人口が減る事は、すなわち全ての産業のターゲットが縮小していく事に繋がるんです。


製造・販売・サービス。あらゆる産業は、多すぎて溢れ返ってくるのは、必至です。


・・・さて、皆様。来るべき『このような未来』に対して、覚悟と準備は、出来ていますか?



この記事へのコメント
シェアーを追うのではなく、ニッチなマーケットでNO.1を目指すのが私達に出来る対応の一番目だと思いますが、それにしても減りすぎですね、、

これではニッチどころかなくなっちゃうマーケットも出てきますね、、

国力としては確実に衰退していくわけですから、もう少しこの問題に真摯に取組むべきかも知れません。
Posted by すみれパパ at 2010年07月22日 19:12
すみれパパ様

訪問、ありがとうございます。“シェアーを追うのではなく、ニッチなマーケットでNO.1を目指すのが私達に出来る対応の一番目”・・・さすがです。全くブレていませんね。

私も同じく、ニッチなマーケットを追求する形になると思います。

ゆくゆくは、一人親方の『ひとりビジネス』をやる予定ですから、嫁と子ども達を食べさす事が出来て、月に一度くらい‘くるくる回らない寿司’が食べる事出来て、おつりがあれば、それでOKとしています。

日本全土の問題としては非常に深刻極まりないので、大手企業も、海外に目を向ける前の手段として、考えてもらえたら、いいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月22日 20:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。