2010年07月26日

増田明美さんからの話



6月30日の折り込み情報誌『読売ファミリー』に、元女子マラソン選手の増田明美さんから《プラス思考のススメ》が載っていました。


沢山書いてありましたが、その中の最後の方に、大学を目指す受験生にアドバイスがありました。その部分を紹介致します。




〈大学は自分の「道」を探す場所、なんでも「経験」を〉


☆大学を目指す高校生にアドバイスを。

大学は、自分の土台を築いたり、自分が何に興味を持ってどういう方法でそれを学ぶのかを自ら考えたりする大事な場所だと思います。目標が決まらなくても、「道を探す、求める」そういう時間を持ってほしいです。道を探すためには自分の土壌を豊かにしなければなりません。いろいろな「経験」がプラスになると思います。



☆保護者はどうすれば?

受験勉強で「頑張れ、頑張れ」と言うのではなく、勉強が楽しくなる環境を作ってあげてほしいです。良い結果というのは充実していると自然に生まれるもの。陸上でも強いチームほど明るくて笑いが絶えないんですよ。


☆頑張っても成績が伸び悩んだ場合は?

いくらやっても良い結果が出ない時って、「階段の踊り場にいるんだ」って思うことにしています。目標が高いほど何か所も踊り場があるでしょう。そこで足踏みしてるんだって。スランプの時こそ、よく笑って、元気でいることが大切ですよね。





※スランプに陥った時は“踊り場”なんですね。
これは、何も大学受験に限った事では、ありませんね。
この“踊り場”というキーワード、初めにバーンと飛び込んで来たんです!
この言葉、覚えておきたいと思います。



この記事へのコメント
そうですね。
ありがとうございました。

暑いですから水分補給をこまめに!
Posted by もくたん at 2010年07月26日 09:03
まさにうちは、「階段の踊り場」状態ですね。
親は、踊り場の環境を良くすればいいわけですね。なるほど~です。
考えたら、保護者は受験に対しては、そのような応援しかできないですよね。
「たまにはプールに行って泳いできたら~」とか、気分転換できる言葉をかけています。
子供の答え「そんな暇ないわ~」でしたが、「頑張れ」と言っていたら、返事がなかったかもしれません。
「踊り場の充実」・・・あの手この手で試行錯誤してみます。
Posted by 武田幸子 at 2010年07月26日 09:50
まさにうちは、「階段の踊り場」状態ですね。
親は、踊り場の環境を良くすればいいわけですね。なるほど~です。
考えたら、保護者は受験に対しては、そのような応援しかできないですよね。
「たまにはプールに行って泳いできたら~」とか、気分転換できる言葉をかけています。
子供の答え「そんな暇ないわ~」でしたが、「頑張れ」と言っていたら、返事がなかったかもしれません。
「踊り場の充実」・・・あの手この手で試行錯誤してみます。
Posted by 武田幸子 at 2010年07月26日 09:50
スランプが踊場っていう考え方は斬新ですね。

結果が出ない事が続く事をスランプと言うのかも知れませんがそのさきの景色に目が行けばあまり気にならないような、、

お陰さまでスランプという概念を思い出しました。

ありがとうございます。
Posted by すみれぱぱ at 2010年07月26日 15:02
もくたん様

訪問、ありがとうございます。

キーワードの“踊場”胸に秘めておきます。

本当に毎日暑いですね。熱中症は、屋内でもなるらしいです。気をつけましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月26日 18:58
武田幸子様

訪問、ありがとうございます。そうですね。現在進行形の「階段の踊り場」状態ですよね。

保護者が受験に対して出来る事って、知れてますからね。

「頑張れ」も「勉強しろ」も必要ない言葉ですよね。

私は、高校受験生の娘には‘何の為に勉強するか’常に考えながら勉強したらいい、と言っています。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月26日 19:22
すみれパパ様

訪問、ありがとうございます。スランプの考え方、私も変わりました。

スランプの先の景色に目が行く余裕が持てるか否か・・・スランプの状態で、そこが出来る出来ないが、境目ですね。

明日も、楽しみにしていて下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月26日 19:28
「階段の踊り場」状態。

面白い(ユニーク)な発想でとても素敵な考え方ですね。

本日某TV番組で「日本人女性のマラソンランナー達」が会社の域を超えた合同合宿をアメリカで行っているというのを観ました。

監督は「ロンドンオリンピック入賞は正直言って難しい」「ましてや金メダルなんて不可能とも思える」といったネガティブな発言をされていました。

しかし可能性はゼロではない・・・との言葉が。

その合宿に記憶にも新しい「みちのくの爆走娘」こと福士加代子選手の姿がありました。

監督他、他の女性マラソンランナー達も口を揃えて「福士なら・・・」と期待を寄せていましたが、当の本人は番組のインタビューに対しケラケラと笑いながら「今度挑戦するのでしたら転ばないように」と言ってまたケラケラと笑う。

こちらまで一緒に訳もわからなく笑っていました。(一発で彼女のファンになりました(笑))

彼女自身まだマラソンへの今後の動向は明らかにしていないようですが、まさに「踊り場」にいるのかな?とフト思い出しました。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年07月28日 20:35
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

ユニークな発想だと思います。

その監督は、ロンドンオリンピックは先の話なのに、消極的な感じなのですね。

福士選手の場合、「踊り場」とか、あまり関係ない感じかもしれないですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月29日 01:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。