2010年07月30日

ウサギとカメの〈競争原理〉


今日は、一緒に経営者向けの勉強会をさせて頂いている、会の代表の方の掲示板より、『ウサギとカメの競争原理』について、非常に解りやすく面白かったので、御紹介致します。





ウサギとカメのお話は、誰でも知っていると思います。

ウサギがなぜカメに負けたのか?

身体能力が明らかに勝っているとしても、「油断という大敵」に負けたという戒めの物語であります。

このウサギとカメの話で、角度を変えたこのような見方を知りました。

それは、ウサギが負けたのは、「カメ」という存在を見て、自らの行動を決めたからである、という事です。

即ち、相対評価を前提に、今そこにいるカメに勝つ事に主眼を置いた行動を採ったから、ウサギは負けたのでした。

そして、カメはなぜ勝ったのか。

カメはウサギを見ていたわけではなく、ゴールという目標到達点を目指す事を絶対的なスタンスとしていた為に、結果としてウサギに勝ったという事です。




相対評価の世界で、相手を気にして自分を見失うのではなく、カメのように歩みはのろくとも、頑張れば最後は報われる・・・

・・・だから、ナンバーワンではなくとも、地道な我が道を行くオンリーワンに!との例えなのでしょうか?




しかし、ここでよくよく考えなければなりません。

カメがウサギに勝ったという事実、これはウサギよりナンバーワンになったという事であります。

さらにいうなれば、オンリーワンは、イコール、ナンバーワンであるという事なのです。

即ち、オンリーワンも最後は相対的な評価のもとに、ナンバーワンに位置付けられなければ存在しないという事なのです。



オンリーワンという言葉・・最後に勝ったナンバーワンの人が使える言葉なのです。






※如何でしょうか?非常に解りやすくないですか!オンリーワン追求の先には、自然にナンバーワンが付いて来るのですね。

業界ナンバーワン企業の創業者の方々は、必ずしも「ナンバーワンになりたい」とだけ思って、頑張っていたわけでは、ないですからね。



この記事へのコメント
そうですね。まさにその通りだと思います。

ただ付け加えるならば・・・
ウサギはカメを見て「競争相手」とした点がそもそも間違いであって、自らの身体能力も含め「相手と自分は違う」という認識がなかったからでもあると思っています。

自分のポジショニングをどう捉えるか?

これは「そのお話をされた方」(お互い知る「会」の代表の方ですよね?)の口グセだと思うのですが、最近は「その事」について色々と考えさせられている毎日です。

おかげで連日の酷暑と相まって脳味噌がオーバーヒートしそうです(笑)。

『あらゆる「現象」には必ず「理由」がある』ということを「様々な切り口(角度)」で思考するようにしないといけないと思っています。

本日もありがとうございました。
Posted by タナカ at 2010年07月30日 07:14
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

確かに、ウサギはカメを「競争相手」とした点は、間違いでしたね。

“自分のポジショニング”・・・これは、私も沢山の方々からアドバイスを受け、考えて行動しております。

モノを観る時、全回転八方から観ていく事、必要ですよね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年07月30日 11:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。