2010年07月31日

ご当地の‘お菓子’売れているのは?


本日は、テレビ情報番組より『儲かる“ご当地お菓子”について』です。



今、デパートで物産展すると買える


それに勝てると、デパ地下に入れる


☆モンシュシュの堂島ロールは、100人朝並ぶ


今は、全国区で、双子姉妹が仕掛け人で、お姉さんは元小学校の先生で、子供達に『夢を持て』と言うのを自分で店を持つ事で実現した


元々はクラブママ(新地)御用達



甘さ控え目が、男性に大ウケで、控え目にしたのは、双子姉妹のお姉さんが甘いのが苦手だったから



生地を渦状にせずに一巻きにした


絶対に自分から営業に行かないのが秘訣






☆山形のラスクが売れている


それは、売れ残りのフランスパンから作った



シベールのラスクは小袋に分け、何種類も味を付けた


料理長を納得させるのに、5〜6年かかった





☆福岡の飯塚市が本店の、ひよ子


大正元年で飯塚で生まれた

養鶏が盛んで、ヒヨコに似せて作った


炭工夫が食べ始めた



東京土産になったのは、東北の人の勘違いだった



1日15万個作っている



最近味を塩味にした「塩ひよ子」が出来た



☆京都の定番「おたべ」は、八ツ橋業界では新入り


あんを入れた生八ツ橋は、常識外れだったが、これが成功し、年商55億円




☆白い恋人は、偽装事件で、石屋製菓は、大変だったが待ち望んでいたお客さんが殺到し、今までの25%アップのV字回復




飛行機の機内菓子が旅行者にウケて、ブレイクした


今は、製造年月日もきっちり出ている


◎次に来る“ご当地お菓子”は、大阪きんつば「高山堂」で、新大阪にお店がある





※様々な、きっかけや苦労を経て、美味しい“ご当地お菓子”が出来上がっているのですね。

どちらも、概ね共通しているのは、【失敗した事を生かして、成功しているところ】ですね。

ありがとうございました。



この記事へのコメント
最近では『甘い物好き』と親類から囁かれています(笑)。
(本当はホンマに美味しい甘さに余り出会ってないからかも?)

色々なエピソード興味深く拝見しました。

「失敗」

本日。偶然にも「失敗」(というよりも何らかの挫折感を味わい鬱になった)した方々との交流の会に参加してきました。

色々な人との色んな失敗や挫折などの情報を共有し(といっても後ろ向きじゃないですよ)、「根っこ」の部分での『縁』の繋がりを「今」感じています。

寺子屋形式の座談会でしたが非常に有益な時間を過ごしてきました。

本日もありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年07月31日 20:30
タナカ様

訪問、ありがとうございます。返事、遅くなりました。甘い物、お好きなんですね。

「失敗は、成功の元」よく、そう思います。

失敗した方々との交流の会、今度、紹介して下さい。

色々な人との色んな失敗や挫折、勉強になると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月01日 00:43
牧野さま

「失敗した方々の交流の会」ですが・・・

ビジネスライクな会ではありません。「精神世界(或いは「精神障害」を持った方々)の会」ですので経営勉強会とは少し毛色が違います。

申し訳ないですが紹介は「今は」無理です。

何故なら「その会」では「目には見えないが『何らかの根っこ』をベース」にした会だからです。『眼に見えないこと“心”』が無ければビジネスライクも何も無いからです。

もし?そのような『趣旨』を感じていただけるなら大歓迎かとは思いますが、私自身参加は今回初めてでしたので何とも言えないのが歯がゆいのです。

主催者(発起人)の方々は、精神科医の先生とイメージトレーニングのトレーナーの方ですので暫し時間をかけて“ゆったり”と時間を過ごしながらお互い共通点があるならばコラボレーションしてみましょうか?
(時季を見計らって調整してみます)

きっと・・・。事業に失敗した人とか、「今」まさにリストラにあった人とかならば参加してもいいかも?・・・と個人的には思っています。
Posted by タナカ at 2010年08月01日 02:22
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

「失敗した方々の交流の会」は、そういった主旨の会なのですね。

承知致しました。

事業に失敗した人とか、リストラにあった人とかならば参加・・・という事は、ものすごく広義に置いては、同じかもしれませんね。

無理はなさらなくて、いいですので、その会の事は忘れます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月01日 06:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。