2010年08月15日

植物は、夏に日焼けするのか?


実家でとっている新聞に、神戸新聞と日本農業新聞があります。


日本農業新聞の8月14日の〈アキバ博士の食農教室〉より、「植物は夏に日焼けするの?」という記事がありました。


その中の本文以外の注釈文が、わかりやすかったので、紹介致します。




◆植物の日焼け?


植物の葉が強い日差しを受けて変色する事を葉焼けという。葉は一度葉焼けをすると修復出来ない。農家は遮光ネットを掛けるなど、葉の表面温度を上げないよう注意している。



◆葉焼けはなぜ起こる?


葉から蒸散する水の量が根から吸う水の量より多くても、葉の細胞が死んで葉焼けが起こる。畑にわらを敷いて、土から蒸散する水の量を抑える工夫がされている。



■果実が熟す時にも葉枯れが起きる。実が熟す時に葉に蓄えたカリウムが実に移り、葉が枯れる(おいしくなったサイン)。





※植物も、命をもらって生きている・・・そんな感じを強く受けました。

私は最近、機械モノ(自動車、電化製品など)にも、愛情をかけるように(キレイに使ったり、優しい声をかける)しております。

そうすると、不思議な事に、寿命が長くなったり、壊れかけたのが治ったりします。

プロスポーツのアスリートが、道具を大切に手入れするのと、全く同じですね。

全てのモノに愛情を持って接してあげる事、大切ですね。



この記事へのコメント
私は、車も大切にしてキレイに掃除をして愛情もって乗っています。
家電製品も「ありがとう」の気持ちで大切に使っています。

家の小さな庭先の植木や花には「水」は欠かしません
早朝には「いつもキレイな花をありがとう」とお水を与えています。
不思議なことで故障したとか花や植木が枯れたことはありません。
Posted by 進藤幸男 at 2010年08月15日 08:22
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

家電製品や車、しっかり手入れするのとしないので、モチが良くなるのは、わかります。

しかし、機械モノなので、本当は命が宿っていないのに、優しくすると、それに応えてくれたりします。

それこそが、とても不思議な事なんですよね。

命の有る無しに関わらず、優しい気持ちを持って、全てに接していきます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月15日 09:12
事の真偽は定かではありませんが、ハーレーに“彼女”を乗せると急にエンジンがかからなくなったり、メルセデスベンツを新たに新車(のメルセデスベンツ)に乗り換える時に引き取りにこさせたら急にエンジンがかからなくなったり・・・とかあるそうです。

無機物(石や金属など)、植物でも樹齢が何百年も経つ樹木や、昆虫、架空の動物(龍など)には“生命”或いは“神”が宿るという日本人の宗教観がそうさせるのかも知れないですね。

摩訶不思議な現象は起こりえますが、なかなか証明できないところに神秘を感じるのかも知れません。

高齢者の行方不明者が数百名を超えたとか・・・。

人間関係(親子関係)がだんだんと無機質・無関心になってきているのが非常に残念だと思いました。

昨日のTBSドラマ『歸國』でも描かれていましたが今の日本は本当に幸せなのでしょうか?
妙に考えさせられた一日でした。本日は8月15日。様々な“想い”が交錯する日ですね。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年08月15日 10:57
タナカ様

訪問、ありがとうございます。ハーレー、メルセデスベンツの“エンジンがかからなくなる”話、聞いた事、あります。

摩訶不思議な現象ですよね。確かに、神秘を感じずには、おれませんね。

今の日本が《本当に幸せなのか》それは、様々な識者の方々が語っておられます。沢山のビジネスブログからも、勉強出来ます。

日本を幸せにする為に、私たちは【出来る事からコツコツ地道に】行動するのが、必須ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月15日 11:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。