2010年08月21日

スーパー業界の‘色々’




スーパーマーケット業界が大手、中小を含め、お客様獲得に、熾烈な闘いを続けているように見受けられます。

この業界の基本情報と、シェア、ランキングを紹介致します。





☆スーパーマーケット業界の基本情報


◇業界規模・・・21兆4804億円

◇売上高純利益率・・・+0.7%

◇前年比成長率・・・+1.0%

◇総資産額・・・13兆5111億円

◇労働者数・・・80921人

◇平均年齢・・・38.3歳

◇平均勤続年数・・・12.0年

◇平均年収・・・489万円




☆スーパーマーケット売上高&シェアランキングTOP10


1.セブン&アイ・HD

売上高:5兆6499
売上高シェア:26.3%


2.イオン

売上高:4兆7060
売上高シェア:21.9%


3.イトーヨーカ堂

売上高:1兆6775
売上高シェア:7.8%



4.ユニー

売上高:1兆0176
売上高シェア:4.7%



5.ダイエー

売上高:9619
売上高シェア:4.5%



6.イズミ

売上高:5002
売上高シェア:2.3%



7.ライフコーポレーション

売上高:4629
売上高シェア:2.2%



8.平和堂

売上高:3862
売上高シェア:1.8%



9.イズミヤ

売上高:3707
売上高シェア:1.7%



10.バロー

売上高:3363
売上高シェア:1.6%





(注)売上高単位は億円。イトーヨーカ堂は、セブン&アイ・HDの連結子会社です。そのため、イトーヨーカ堂の売上高はセブン&アイ・HDの売上高に含まれます。






※売上高とシェアのランキングは、上位2社が圧倒的に強いですね。前年比アップ(売上高)は、イズミ(6.3%増)、バロー(5.8%増)、ライフコーポレーション(5.3%増)と、なっています。

皆様に馴染みの深いスーパーが名前を連ねていますが、この“二強”の状態を、ご存知でしたでしょうか?特に、全体からのシェア率には、非常に驚きました。皆様は、如何でしたか?



この記事へのコメント
「見るなら大丸、買うならダイエー」「主婦の味方」だったでしょうか?確か創業時のダイエーのキャッチフレーズだったように記憶しています。ダイエーが首位陥落してから久しいですね。(5位まで転落とは・・・)

最近ではセブン&アイHDが首位なんですね。イオンが一番だと思っていました。しかしタイムリーな記事ですね。

うなぎ偽装問題でイトーヨーカ堂社員が逮捕されていますね。やはり大手ブランド名になったが故の事件なのでしょうね。

昨日のニュースではコンビニの売上が確か約5年ぶりにプラス0.5%の黒字だそうですね。猛暑が一因だと報じていました。

日頃スーパーをよく利用しますが、この順位はトイレの清掃状況&惣菜・水畜産・青果コーナーの充実ぶりから妙に納得です。

ただ・・・。ダイエーの売り場に行けばわかると思いますが、最近ダイエーはオリジナルソング戦略(なのでしょうか?)で、子供のハートをガッチリ掴んでいるような感じです。木曜日の夕刻ともなると子供さん連れの主婦の方々を非常に多く見かけます。

興味深い記事。ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年08月21日 13:51
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

ダイエーは、『主婦の店』だったか『主婦の味方』だったような、気がします。

本当に、上位2店以外のシェアの少なさに、驚きました。

ダイエーは、個人的には一番よく利用しておりますので、もう少し頑張って欲しい気がします。

順位について、私は一番のポイントは“トイレ”だと思っております。

ダイエーの木曜日は《木曜モックンの歌》が、かかっていますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月21日 16:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。