2010年08月24日

腰痛を防ぐ注意と工夫



今日は、私の会社から読むように言われた小冊子『すぐに実践シリーズ、防ごう!腰痛』から《腰痛を防ぐ日常生活での注意と工夫》を、御紹介致します。




☆日常生活のちょっとした動作を気をつけることにより、腰痛を防ぐことができます。


◇日常生活の動作の工夫

起きるとき・・・急に飛び起きない。体を手で支えてゆっくり起きる。

靴下を履くとき・・・中腰で履かない。椅子を使うか、床に座って履く。

炊事・・・流し台に近づいて行う。

通勤、買い物のとき・・・荷物は左右に持つ。できれば背負う。



◇姿勢は正しく

正しい姿勢は、腰痛の予防に役に立つだけでなく、慢性の腰痛の治療にもつながります。

立つ姿勢・・・あごに引いて、おなかを軽く引き締める。

歩く姿勢・・・ひざを伸ばし、かかとから着地する。



◇日常の体調管理も大切です

食生活・・・三度の食事をきちんととり、カルシウム、ビタミン、たんぱく質をバランスよく取りましょう。

十分な休養、睡眠・・・睡眠を十分にとり、しっかり休養し、疲れを翌日に残さないようにしましょう。

適正な体重・・・肥満は腰に負担を与えます。食生活、運動習慣を改善し、適正な体重を維持しましょう。




※如何でしたでしょうか?腰痛は、本当に深刻な問題です。普段の何気ない行動から気をつけることが、大切なのですよね。



この記事へのコメント
経験則上・・・。

腰痛対策は普段の姿勢が一番重要のように思います。

特にオフィスワークが中心の方は、知らず知らずに「脚を組む」と一発で腰痛持ちになるようです。

また、「脚を組みたい」と感じた時は既に着座の姿勢に問題があるようです。

歩く姿勢も重要ですね。

下ばかり見るような歩き方だと、どうしても猫背っぽくなるみたいで、コレも直接の影響があるか否かは不明ですが腰痛が出る傾向が多いみたいです。
なので最近は「空」を見るようにしています。

ポイントは背骨の形状をキチンとすることで予防できるみたいですネ。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年08月24日 12:49
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

「腰痛対策=普段の姿勢」・・・覚えておきます。

「脚を組む=一発で腰痛持ち」・・・わかっていたようで、わかっていませんでした。

猫背を治す為に、両親は、私に剣道と書道をさせてくれました。


「空を見る」・・・姿勢の矯正と、気持ちの高揚が一度に貰える感じですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月24日 16:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。