2010年08月28日

沖縄、興南高校の監督の言葉より




今回、甲子園の高校野球の春夏連覇した、沖縄代表の興南高校は、まだ記憶に新しいと思います。



球児たちを率いて春夏連覇を達成した監督の我喜屋優氏は、選手の自主性を重んじる監督です。



監督の言葉は、以下の通りです(あるメールマガジンより一部抜粋)。



僕の野球では「計画性のある選手」でないとダメです。

「計画」をきちんと立てられたら、その後「行動」は半分以上決まったようなものです。

でも自分でとった行動について「これで良かったかな」と省みる行為がないといけません。

そこから「次への計画への目安」が生まれます。だから、「行動はあるけど、実現に向けた動きが出来ていない」といったふうに4つのポイントごとに指導しています。

4つのうち、3つ出来なかったら、野球選手にも、ちゃんとした社会人にもなれません。

何事も省みる工程を助けています。




※《4つのポイント》については、ここには載っていませんでしたが、計画性の大切さと、省みる事の重要度は、とても大きい事が、わかりますね。


読んで頂き、ありがとうございました。



この記事へのコメント
いわゆるところの「PDCA」サイクルをいかに回すか・・・?なのでしょうね。

コレが出来ている人って意外にも少ないものです。

省みる(チェックする)のも良いですが、それから得られた結果(改善点)をいかに自分が立てた計画に反映させるか?がキーポイントであると思っています。

長らく社会人向け「資格」教育の指導をしてきましたが「最短で」合格する人は必ずコレが出来ていたように肌で感じています。

世の「成功ストーリー」もこの「PDCA」が深く関わっているのでしょうね。

自戒の意味を込めて・・・。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年08月28日 12:34
タナカ様

訪問、ありがとうございます。やはり、「PDCAサイクル」なのでしょうね。

出来ている人って本当に少ないですし、気づいていないケースが、多いですね。

省みた、得られた改善点をいかに自分が立てた計画に反映させるか・・・。

「成功ストーリー」の根幹が、これなのかもしれないですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年08月29日 00:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。