2010年09月03日

“家”に関する諺




今日は、『ことわざハンドブック』より、“家”に関する諺です。




【家柄より芋茎(いもがら)】

意味:格式だけはあって実質的には価値のない家柄より、食べることの出来る芋茎の方がよいということ。旧家や門閥を鼻にかけるものを嘲る言葉。芋茎とは里芋の茎である。〈家がらより食いがら〉〈家の高いより床が高いがよい〉である。



【家泣きの外笑い】

意味:家の中ではいつもぼやきや泣き言を言っているのに、外に出ると一転して陽気になり、のんきな事を言う人。〈内えんまの外えびす〉または〈内べんけい〉が同意語。


【家貧しくて孝子顕る】

意味:家が貧乏なら子供も家計の助けに働かなくてはならない。この手助けは親孝行にも通じるわけ。『家貧しくして孝子顕れ、世乱れて忠臣を識る』と古書宝鑑にある。



【家貧しければ良妻を思う】

意味:苦しい時にたよりになる人を求めるとの意。家が貧しいと家族はとかく湿りがちになる。こんな時は明るい賢明な妻がいて、その建て直しをしてほしいものだ。出典は史記の『家貧しければ則ち良妻を思い』から。





※家=内側の表情・・・外との違いを表現していますね。家の中の状態は、素の姿だが、ここでは、それを良しとする場合と、そうでない場合がありますね。本来の‘住む為のモノ=建物’の意味を、うたっていないですよね!家の専門家の皆様、如何でしょうか?



この記事へのコメント
おはようございます!

諺の使い方では家のことではなく人間性を謳っているからですよね。

家に対する諺を募集して、またイベントで発表してはいかがでしょうか?

ありがとうございました。
Posted by しょうちゃん at 2010年09月03日 07:21
しょうちゃん様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

諺は、人間の中身の事を詩っている事が、多いですね。

家に対する諺を募集して、イベントで発表するのは、名案ですね。

良かったら、次のチャリティーエコ祭で、やってみて下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月03日 08:20
元、家の専門家です・・・。(笑)

が!「家」にまつわるそれらの「諺」は初めて知りました。

ダメダメですね・・・。

また色んな「諺」を教えてください。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年09月03日 19:13
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

家の専門家のタナカ様。「家」にまつわる「諺」は、初めてでしたか〜。

諺って、奥が深いです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月04日 07:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。