2010年09月07日

‘B級雑学’クイズより




今年の6月12日、13日に紹介しました『ウルトラB級!雑学検定』(副題:解けばウケる!話せばモテる!うんちくクイズ)より、2回目の紹介です。




Q4.「クワーティ配列」って、どんな並び方?あなたの机の上にも、きっとあるはず・・・。


Q5.タバコの火が一万円札に燃え移ってしまった!80%燃やしてしまった場合、銀行でも交換してもらえる?


Q6.最近は行政のサービスもだいぶ変わってきました。その、さきがけとして話題を呼んだ、1969年に千葉県松戸市に設置された「すぐやる課」を作ったのはだれ?




さて、如何でしょうか?今回は、答えも紹介致します。





A4.PCのキーボード配列
左上から右に「Q・W・E・R・T・Y」と並んでいるものをそのまま読んで「クワーティ配列」という。1876年にアメリカの発明家レミントンがタイプライターを実用化したとき、もっとも使いやすい配列として設定した。タイプライターが廃れてワープロが普及したときにそのまま継承され、現在でも一般的である。


A5.交換してもらえない
ただし、灰が鑑定可能な場合は全額交換可能。
お札の場合、元の3分の2以上が残っていれば全額、3分の2未満5分の2以上なら半額と交換出来るが、それ以下だと交換不可能と法律で定められている。一般の銀行でも交換可能だが、傷みがひどい時は日銀の鑑定が必要。灰がお札であると鑑定されれば全額交換出来ることもあるため、万が一の時は灰の形を崩さず日本銀行に持ち込もう。


A6.松本清
松本清は、当時松戸市長。大手ドラッグストア、マツモトキヨシの創業者でもある。「すぐやる課」は、融通が効かないと批判されることの多かった行政サービスを一新させる象徴として、開設当時、大きな話題を呼んだ。
その後も、市民に行政の仕事の内容が伝わりやすいようにと、「ながいき課」や「しあわせ課」といった、ユニークな課を作った。





※今回は、問題と答えを一緒に出させて頂きました。如何でしたでしょうか?

Q5のお札が燃えた場合の事は、なんとなく知っておりましたが、ここまで詳しくは、知りませんでした。

何にでも興味を持って、勉強してまいります。

読んで頂き、ありがとうございました。



この記事へのコメント
確かにキーボードの配列を見て配列をそのまま日本語読みにすると「クワーティ」ですね。あまり意識したことありませんでした。
一応、コレでも文章を書く機会が多いのでキーボードには気を使っているつもりでしたが・・・。

キーボードに関してはそのキーボードスイッチに3種類あり(メンブレン、メカニカル、静電容量無接点)、その打鍵感と疲労の度合いで「メカニカル式」を愛用しています。本当は銀行や郵便局の窓口で利用されている「静電容量無接点式」が一番いい(と個人的に思っている)のですがとーっても高価です。キーボードに数万円も使えません(笑)。

メンブレン式はピンキリの価格帯の物がありますが、あまり激安の物を使うと物凄く疲れます。経験則上、こまめに清掃(結構ホコリが溜まっていますよ)してやることで快適性も激変します(たまにはエアを吹いてあげましょう)。

紙幣の損傷ですが、コレも経験則上2/3以上残っていなくとも鑑定結果によっては全額交換してくれましたよ。感覚ですが55%残っていたと思います。

「すぐやる課」を始めたのがマツキヨ創設者の松本清氏というのは私は知りませんでした。当時、話題を呼んだのは記憶に残っていますが・・・。
他の地方自治体には無いのでしょうか?私はこちらの方が気になります。

本日もタメになるお話し、ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年09月07日 19:39
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

キーボードに関しての情報、ありがとうございます。キーボードスイッチが3種類あるのですね。「メンブレン、メカニカル、静電容量無接点」・・・全く知りませんでした。「静電容量無接点式」が高価で、数万円もするのですね。

紙幣の損傷は、3分の2以上残っていなくとも、全額交換してくれるのですね。

他の地方自治体には、このような変わった課は無いのかも、しれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月08日 06:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。