2010年09月11日

エレベーター・エスカレーターの仕組み




今日は、家でたまたま目にした、息子が学校から持って帰ってきた冊子《正しく乗ろう!エレベータ&エスカレータ》(フジテック株式会社)の見開きの『エレベータのしくみ』『エスカレータのしくみ』が、面白かったので、紹介致します。




『エレベータのしくみ』

Q:エレベータが落ちてしまうことはないの?

A:落下することのないよう、安全に設計しています。

エレベータのロープは細い金属の線をよりあわせてできています。だから、一度に全部切れてしまうことはありません。定期的な点検もしているので安全です。エレベータには、普通の大きさなら3本。大きなものでは5〜8本のロープが使われています。
エレベータには非常止め装置がついています。万一ロープが切れてしまっても、この装置でエレベータはストップします。

エレベータは「かご」と「つり合いおもり」の重さをバランスさせ、電動モータの「巻上機」で動かしています。重さをバランスさせると、少ない力で効率よく動かすことができるのです。



『エスカレータのしくみ』
Q:エスカレータのステップの下はどうなっているの?

A:大きな輪になってつながっているんだよ。

ステップは降り口で平らになった後、エスカレータの裏側を通って、乗り口から出てきます。

エスカレータのステップは一段一段が別々の構造になっていて、チェーンでつながれています。つながれたステップは足下にある2本のレールに沿って動き、レールの位置が変わることでステップが、階段状になったり、平らになったりするのです。





※如何でしたでしょうか?小学校高学年用の小冊子に、載っていた内容です。けっこう、原始的な感じに思ってしまいましたが、皆様は、如何でした?

何にでも興味を持って、観察すると、その先には様々な発見が出来るんですね。



この記事へのコメント
エレベータですが・・・。
思い出たっぷりです(笑)。

学生時代、大学まで阪急電車に乗って京都まで通っていましたが、確か高槻辺りでしょうか?車窓から「フジテック」さんの試験塔が遠くから見えていました。

どんな事やっているんだろう?といった事を考えていたら読売テレビ系の情報バラエティ番組(日曜夜10:00頃)で「仕組み」や「安全性」、当時の「最新エレベータ」などの取材内容を放映していましたのを懐かしく思い出します。

そして新卒で入社した会社がOBPツイン21の高層階に事務所があったのですが、竣工後即の入居だったのでよくエレベータが高層階部分でよく故障(制御用コンピュータソフトのバグ)でストップしました。当時の私たちとしては祈るような気持ちで救助を待ったのを覚えています(とにかく、乗る前に「今日は止まらないで・・・」といつも念じていました)。そして、その度にエレベータ会社から(謝罪の)菓子折りを頂きました(笑)。

今だから「笑い話」で済ます事が出来ますが、当時としては西日本一の高層ビルでのエレベータ停止(故障)ですから、当時の夕刊紙や翌日の朝刊でニュースとしてよく扱われました。

メーカ名は伏せますが(笑)、フジテックではありません。フジテックは確か非常用(兼荷物用)エレベータで採用されていました。(勿論。故障でストップした経験は私にはありません)
Posted by タナカ at 2010年09月11日 08:37
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

学生時代に大学まで阪急電車に乗っておられたのですね。車窓から「フジテック」さんの試験塔が遠くから見えていたのは、総持寺駅(茨木市)なんですよ。実は、私の家の近所なんです。

そして、驚くべき事に、その試験塔は、もう無いのです。取り壊しの時、上から順番に無くなっていくさまは、とても寂しかったです。

新卒で入社した会社のエレベータは、そんなによく故障していたのですね。

本当に今だから「笑い話」で、済みますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月11日 19:50
牧野さま

フジテックさんの試験塔は総持寺(茨木市)だったのですね。
そして今はもう既に無いのですか・・・・。
全然気付きませんでした。お恥ずかしい限りです。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年09月11日 21:11
タナカ様

そうなんですよ。今は・・既に無いのですよ・・・・(涙)。

知らなかった事は、別に、恥ずかしくは、ないですよ。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月11日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。