2010年09月21日

相手の為に力を尽くせる人の“良い仕事”




今日は、【一分間朝礼話材200】からです。



6.つまらない「小我」を殺し、相手のために力を尽くせる人ほどいい仕事ができる



〔今朝の名言〕奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰う フォード(アメリカ自動車工業の父)





企業は利益を追求する集団ですが、利益のみを追求する集団ではありません。利益の追求は、企業にとって重要なことの一つではあっても、それがすべてではないのです。


企業が気をつけなければならないのは、目先の利益にばかりこだわっていると、一時的に利益をあげることはできても、決して長くは続かないということです。


このことは、ビジネスマン個人についても同様です。つまり、自分の利益の確保にばかり心を奪われている人は、一時的には数字を伸ばせても、決して長続きすることはなく、逆に相手のためを思って自分を捨てて尽くしている人は、急激に伸びなくとも、年々数字を伸ばしつづけていけるのです。


目先の利益ばかりを追わず、相手のために尽くすことに喜びを見いだして仕事をしてこそ、着実な実績が確保できるのです。





※その通りですね。“先義後利”と言いますね。目先の利益ばかりでは、ダメだと思います。簡単に契約締結する事が難しくなった昨今、『相手満足』や『顧客満足』を、本当の意味で“いかに向こう側の目線に立てるか”・・・この一点につきますね。



この記事へのコメント
「先義後利」の精神は個人もビジネスも一緒のことですね
いま、大ヒット商品もいつかは衰退をしてしまいます。

個人的にも自分優先の人脈づくりはいつかダメになってしまいます
相手を思い相手のために尽くす姿勢が大切なことですね
努力をしたいと思います。ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2010年09月21日 06:42
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。「先義後利」の精神、常に持っておく必要がありますね。

自分優先の人脈づくりからは、何も生まれませんね。

相手を思い、尽くす姿勢を、もっと意識してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月22日 05:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。