2010年09月22日

‘冷蔵庫’上手な選び方




9月18日の読売新聞で『大容量ムダにしない!冷蔵庫上手な選び方』という記事がありました。要約して御紹介します。




冷蔵庫の買い替えは10年に1回程度。10年前に比べて格段に大容量になっている事に驚く。

冷蔵庫に入れる食料品は10年で大幅に増えた。ミネラルウォーター、無添加調味料、米を冷蔵庫で保存する家庭も多い。

各メーカーの主力は容量500リットル台だ。10年前は370リットル程度。しかし、設置面積は変わらない。外壁を薄くするなど断熱材の性能を高めたから。

家電評論家の話では、「買い物の頻度」と「家族のライフスタイル」を基準にする選び方を提案する。

例えば、週に1回のまとめ買いなら、野菜室のサイズと性能で選ぶと良い。野菜を大量収納でき、かつ鮮度を保つ機能が付いた製品がおすすめだ。

家族の食事時間がバラバラという家庭なら、料理をそのまま収納するために、冷蔵室が大きく、におい移りがしない脱臭機能に優れた製品が向いている。夫婦共働きなら、美味しさを逃がさずに料理を冷凍できるのが、おすすめ。

「各メーカーが冷蔵室・冷凍室・野菜室のどれに注力しているかは、電器店の店頭で説明してくれるので、参考にするとよいでしょう」との事。




※なるほどと、思わず膝を打ちました。よくよく考えると、冷蔵庫の買い替え周期って、それくらいですから、製品の進歩は目覚ましい筈ですね。「10年ひと昔」とは、よく言ったものです。今年は暑かったので、エアコンと冷蔵庫は、大活躍でしたね。



この記事へのコメント
牧野さん
ありがとうございます。
私の家も去年の夏に冷蔵庫を買い換えました。
冷蔵庫はメーカーいわく
家で一番電気代がかかる物ですので、新しい物に買い換えたほうが電気代が押さえられます。

ちなみに私の家の冷蔵庫は
550リットルです
(`∇´ゞ
ありがとうございました。
Posted by ミヤジマン at 2010年09月22日 08:18
ミヤジマン様

訪問、ありがとうございます。

宮嶋家は、去年の夏に冷蔵庫を買い換えたのですね。だから、550リットルと、すぐ解ったのですね。

冷蔵庫は、24時間365日年中無休ですから、一番電気代がかかる物、ナンバーワンですね。

私の家の冷蔵庫は、何リットルか、解りません。もう何年も、使っているからです。

ちなみに、製氷室にはアイスクリーム、野菜室には野菜以外に水が、常備されています。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月22日 13:32
通りがかりで失礼します。
うちも520Lの冷蔵庫に買い換えました。
やはり一番いいのは大型量販店の店員さんに聞くことですね。競争が激しいので、よく勉強していらっしゃると感じました。特に人気メーカーから派遣されている店員さんは競合も知って、自らも知るってやつで、話していて面白いです。(人にもよりますけどね)
ただし、冷蔵庫というのは相変わらずスペースに左右される商品なので、結局はそこからがスタートなるわけですね。自分の反省も含めて、冷蔵庫のサイズ比較の参考になるようなサイトをつくったりしています。
Posted by 冷蔵庫 サイズの問題 at 2010年10月04日 09:24
冷蔵庫 サイズの問題様

訪問、ありがとうございます。

最近の家電量販店の店員さんは、一つの商品に精通した資格を持つ方が、お見えですね。

冷蔵庫サイズ専門サイトは、すごい専門性高いですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月04日 23:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。