2010年09月27日

“大物ステージ”をつくるコツ




今日は、4月3日、6月28日に続く3回目の投稿です。『しょぼい自分を「大物」に見せる技術』(宝島社)から【大物ステージをつくるコツ】です。




☆自分を大物に見せるためには、場所の演出にも徹底的にこだわるべきだ。なぜなら、人の心は置かれた環境によって大きく変化するからである

☆人と面会するときには、クラシックなどゆったりしたBGMのかかる場所を選ぶこと。速いテンポの音楽は大物感を損なう

☆人混みの中では、余裕ある態度を演じられない。混み合うパーティーでは、テラスに抜け出し、落ち着いて語らうようにしよう

☆エアコンの室温は「やや低め」に設定していると好印象を得ることができる

☆椅子に座るときは、深くゆったり座り、やや足を開く。こうすることで自信に満ちあふれた態度を印象づけることができる

☆照明を最大限に利用しろ。光をバックに立てば、それだけで相手は威圧されてしまう。照明がよく当たる席に座ると、強さのアピールにつながる

☆階段を使うときは、相手を先に降りさせる。そして上から声をかければ「見下ろす」ことができ、相手は威圧される

☆大物の印象は「誰と一緒にいるか」によって決まってくる。見栄えのいい部下を連れて回れ





※「人の心は、置かれた環境によって大きく変化する」は、うなずけますね。

音・光・気温、そして視覚的な部分が、今回は全て出ています。

参考に出来る所は、大いに参考にしましょう。



この記事へのコメント
いつもありがとうございます

何が「大物」なのかは、見方によって違うとは思うのですが
人は、周りからそのように見られると、本当にそのレベルまでに
なっていくものだと考えています

以前は、何かを褒められると謙遜などをしていたのですが
今は素直に、ありがとうございます・・と言っています

周りからの評価・見方が、その人を作っていくと思うからです
周りを良くすることで、内面もよくなっていくと思いますね
Posted by 尾上 正 at 2010年09月27日 06:40
私は会社を退職して大阪本町に事務所を設立しました
しかし、今の時代は携帯電話とメールがあれば
ほとんどの仕事は成り立つものです。

そこで、事務所を自宅にしたから経費は安くなりました
応接室は、街中にどこにでも、ホテルロビーやファミレスとか喫茶店も
商談成立の確立が一番高いのは、堂島のロイヤルホテルロビーです。

やはり場所と周りの雰囲気と客層も大切なことですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2010年09月27日 07:36
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

何が「大物」なのかは、見方によって違いますし、「大物」の評価を誰がするか、というのもありますね。

「立場がその人を創る」と言います。自分で大物的意識を持つのも、私は有りかな、と思います。

自分で努力した成果を、周りが評価し、その人は大きくなっていくのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月27日 08:18
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

‘良く見せるシチュエーション’大切ですよね。

商談も、事務所内にせず、わざと街中のホテルロビーやファミレスとか喫茶店にするのも、環境を変えたり良くするには、一つの手ですね。

先日、会社の60周年を祝う式典が、長島スパーランドの、ホテル内で行われました。

ものすごい場所でしたので、この時にも、場所の雰囲気の大切さを、目の当たりにしました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月27日 08:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。