2010年09月29日

《ポジティブ度テスト》



去年3月に紹介致しました書籍『心の中の幸福のバケツ』の《バケツとひしゃくの理論》は、まだ記憶に新しいかもしれません。

本日は、その中にある《ポジティブ度テスト》を、お送りします。




1.過去24時間以内に、誰かの手助けをした。

2.わたしはとても思いやりがあると思う。

3.ポジティブな人と一緒にいるのが好きだ。

4.過去24時間以内に、誰かを褒めた。

5.まわりの気持ちを明るくするコツをおぼえた。

6.ポジティブな人と一緒にいると能率が上がる。

7.過去24時間以内に、「あなたを気にかけている」と本人に伝えた。

8.どこに行っても、知り合いをつくるよう心がけている。

9.自分が褒められると、誰かを褒めたくなる。

10.この1週間のあいだに、自分が聞き役になって、誰かに目標や希望を存分に話してもらった。

11.落ち込んだ人を笑わせられる。

12.同僚や友人を、本人が気に入っている呼び方で呼ぶようにしている。

13.同僚がすばらしい仕事をしたら、それに気づく。

14.いつでも誰にでも笑顔で接している。

15.よいことをしている人がいれば、褒めたくなる。




※既に出来ている部分、そうでない部分があります。頑張って努力する項目は、実践あるのみです!



この記事へのコメント
「ポジティブ度テスト」の『結果』で知らず知らずに「ネガティブ」になる場合があります。

また、(そういった「テスト」の類を)企画する側もその事を知る必要があると思います。

知らず知らずに「ネガティブ」になっている事も、テストをしてみる側はきちんと認識して臨む必要があります。いたずらに軽い気持ちで、その手のテストを受けるべきではないと思います。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年09月30日 07:54
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

おっしゃる通りです。企画する側が、しっかり理解して行う必要が、ありますね。

テストする側、される側、相互理解が要りますね。テストだけでなく、すべての事案について、そうだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年09月30日 08:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。