2010年10月12日

ワタミ会長に訊く



今日は、9月7日の読売新聞より《混迷経済・識者に聞く》の記事から、ワタミ会長の渡辺美樹氏のお話を紹介致します(一部要約と削除)。




『円高、海外進出の好機』


今は企業の力を強くする事が大事だ。急激な円高は輸出にとって逆風だが、海外進出、現地企業の合併・買収は絶好のチャンスでもある。円高を前向きに捉え、国は海外進出後押しをする必要がある。

企業の海外進出が進むと、国内雇用減少を招く意見があるが違う。企業が力をつけて、成長する海外市場で収益をあげれば国内投資につながり、新たな雇用も生まれる。

中長期的には、将来の成長産業を育てなければいけない。費用対効果が高いのは農業だ。この競争力が高まれば、外国との自由貿易協定も結びやすくなる。

消費税率の引き上げなどで、財政再建への道筋を明らかにする必要もある。どれだけ増税が必要か早く議論して欲しい。

民主党は、子ども手当や農家戸別所得補償制度など、国民が喜ぶ目先の政策ばかり力を入れているのは間違いだ。

政治不信が株安にも繋がっている。将来の成長展望を早く示すべきだ。




※海外へ向ける目を、しっかり持つ事と、国政への厳しいメッセージが、この中には書かれていました。注目されている農業は、私たち一人一人が、より意識して行動する必要が、ありますね。



この記事へのコメント
子ども手当や高校無償化、農家戸別所得補償制度・・・など
所詮付け焼き刃的な政策が横行していますね。
渡辺美樹さんの言葉では、更にこのようにも言っておられました。
「本当に農業を守るなら戸別所得補償ではない。農業に参入する株式会社を応援して雇用を生み出させればいい。費用対効果を見直すべき」
・・・ビジネスとしての農業に如何にして脚光を浴びせるか。
問題の本質をえぐり、国としての政策の優先順位を問う姿勢は、素晴らしいものと感じました。
Posted by 更谷重之 at 2010年10月12日 20:41
更谷重之様

訪問、ありがとうございます。‘付け焼き刃的な政策が横行’・・・情けないですね。

農業に参入する株式会社は、実際に沢山出て来ているようですね。

農業で、市場が活性化すれば、いいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月12日 23:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。