2010年10月15日

《人をつくる》




今日は、松下幸之助さんの“幸之助語録”第10弾です。



《人をつくる》



「若い社員にはこう言います。得意先から『松下電器は何を作るところか』と聞かれたら、『松下電器は人を作るところでございます。あわせて電気製品を作っております。』と答えなさい、と。つまり、人間として成長しない人を持つ事業は成功しないのであります。」



裸一貫から身を興した私のような人間は、初めから資本があったわけではなく、ましてや信用など問題外。頼りになるのは会社に入ってくれた人を信じ、成長させるしかなかった。

創業当時、親御さんから預かった大事な子どもたちをどうやって育てるか、心を砕いたものだった。

モノをつくるのは大変なことだが、どこでもできる物をつくるのはそう難しくない。

よそと違う、特色のある商品を作るためには、まずしっかりした人を作るのが先決である。





※「企業は人なり」と、言いますね。‘松下電器は人をつくる会社’というのも、あまりにも有名です。

上に立つ人、中間で頑張る人、現場で支える人・・・それぞれが役割を担っている事で、立派な組織としての屋台骨が、形成されているのですね。

優しさの中に厳しさも含まれる人間味を、持ち続けていきたいと思います。それが『人をつくる』という事に、繋がると思います。



この記事へのコメント
「人材育成」とか「人育て」は難しいものです
特に、大きな企業になるとそれは難しくなります

会社の方針よりも直属の上司の意見が優先します
反抗すると左遷されたり異動の対象になります
すばらしい上司の下で仕事をしたいと誰もが強く思っています。
Posted by 進藤幸男 at 2010年10月15日 08:06
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

『会社方針より、直属上司』・・・これは、とてもよく理解できます。私が、まさに、そうでした。

若かりし頃、上司によく反抗・反発して、評価を落とした事を、懐かしく思い出しました。

今は、少しはマシになっていると、思います(笑)。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月15日 08:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。