2010年10月19日

創業の〔肝〕



あるメルマガより、一部削除と要約にて、紹介致します。



《創業の肝》



最近、創業支援や創業相談など、創業に関わる事が多くなりました。


私はその時に必ず、質問する事があります。


ひとつは創業の動機、もうひとつは理念です。


そしてそれらを自分の言葉で紙に書いて、いつでも見返す事ができるようにしておく事をすすめます。


創業の動機とは、事業を始めるきっかけにあたるもの、そして理念とは、事業の目的、もっとかみ砕いて言えば、事業を通して叶えたい夢、理想像、生き方にあたるものです。


ほとんどの方が、事業の動機については語れます。


しかし、理念についてはどうでしょうか?


ここまでは、考えられていない方が、ほとんどのようです。


私は、理念を持つように、アドバイスします。


ここで断っておきますが、お金を稼ぐというものは、何らかの目的を達成する為の手段にはなりますが、理念にはあたりません。


創業するという事は、大変なエネルギーがいる事です。


その時のエネルギーの源は、強い思いでしょう。


しかし、創業して、成功するという事は、そんなに甘いものではありません。


特に、軌道に乗るまでは、苦しい日々が続きます。


そして徐々に思いが不安に変わっていきます。


そんな時の支えになるのが、理念なのです。


つまり、自分自身を見失わない、諦めない為に必要なものが、理念なのです。


さて、あなたには理念は、ありますか?


もしなければ、今からでも考えてみたら、どうでしょうか?





※理念こそが‘肝’であり、理念をしっかり掲げている事こそ、壁に当たった時の‘助け’となるのでしょう。



この記事へのコメント
おはようございます。
本日も五臓六腑に沁み渡る名言、ありがとうございます。
理念とは、自律を旨とする人間にとって無くてはならない精神的支柱ですね。
僕は、まだ起業の決意を抱くまでには到底至らない若輩者ですが、
人生の中でも恐らく稀であろう大きな試練が、もう間も無く、直前にまで迫ってきました。
その中で、本日の牧野様の動機と理念のお話はとても大きな励みとなります。
また、明後日のわいがや塾でも、お会いできることを楽しみにしております。
Posted by 更谷重之 at 2010年10月19日 07:41
更谷重之様

訪問、ありがとうございます。

この文章は、自営業を目指し、起業しようとする人に向けての言葉ですが、そうでない人にもグッと来る内容だと思い、採り上げました。

動機が行動を促し、理念がその後を支える・・何の為に、誰の為にを、考えて行動しましょう。

木曜日、楽しみにお待ちしております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月19日 08:02
起業して軌道に乗せて成功するためには苦労があります
つよい思い込みも大切で必要なことだと思います。

それなりに成功している企業家は誰にも負けない理念があります
しっかりと足元を見て執念深くやり続けることですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2010年10月19日 15:19
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。「1.起業して、2.軌道に乗せて、3.成功する」・・・その苦労は、並大抵な事では、ないですね。

プラスの思い込みは、相当なものが要ると、思います。

理念を掲げ、執念深くやり続ける・・・精進してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月19日 17:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。