2010年10月20日

阪神タイガース、3つの永久欠番


今年8月25日、「甲子園探訪《永久欠番》」というテーマで、阪神甲子園球場の一塁側アルプススタンドを出た辺りの石碑の文章を、御紹介しました。

本日は、その続編で、阪神タイガースの3人の永久欠番選手の、それぞれの説明文です。


☆「10」藤村富美男

強虎の礎となった「ミスタータイガース」


1936年、4月29日、創設されたタイガース公式戦第一戦投手として完封し、記念すべき球団初勝利を挙げたが、藤村選手の本領は、37インチの長尺バットを操っての豪快バッティング。数々の記録・伝説を残してきた。

1949年には巨人の川上選手、千葉選手らをおさえて、最高殊勲選手となった。捕手以外の全てのポジションをこなし、監督も兼任したスーパースター。




☆「11」村山実

反骨精神で挑み続けた「炎のエース」


入団初年度18勝、最優秀防御率(1.19)と沢村賞を獲得。躍動感溢れる投球は、当時のマラソンランナーになぞらえて「ザトペック投法」と呼ばれた。

巨人からの誘いを受けながら、迷わず阪神へ入団した男気を感じさせた。同時期の巨人入団、長嶋選手とは数々の名勝負をし、真っ向から立ち向かう反骨精神と気概は、ファンを魅了した。

1970年からは、選手兼任監督。1972年オフに14年間背負い、222勝した背番号「11」は永久欠番となった。




☆「23」吉田義男

ダイヤモンドを華麗に舞った「今牛若丸」


19歳での入団から不動の遊撃手。芸術品と言えるグラブさばきと「牛若丸」の異名を取った身のこなしで、ベストナイン9回。通算盗塁数350を数えた。

引退後は評論活動後、タイガースの監督に就任。二度目の指揮を取った1985年、チームを21年ぶりのリーグ制覇に導き、日本一に輝いた。2リーグ分立後初の快挙。

現役時代に得た「不世出の遊撃手」の称号、タイガース初の日本一監督としての栄誉で、永久欠番の「23」は、色褪せることなく、語り継がれている。





※素晴らしいですね。これまで、阪神タイガースには、素晴らしい功績を残した選手、沢山おられたように思います。しかし、実際、永久欠番の名誉を与えられた選手は、たった3人なんですね。永久欠番のステータスの高さを感じずには、いられません。



この記事へのコメント
阪神タイガースにもすばらしい功績をのこした選手がいます。
いずれの三選手は記憶に残る名選手です。
「ミスタータイガース」「炎のエース」「今牛若丸」
いずれもすばらしい名称がついています。

残念なことは、昨日の3時からの「星野仙一さん」の退団発表です
私は、星野さんと一緒にセミナーを何度も開催を致しました
何度も食事を一緒にしたり星野さんの自宅でパーティーに参加もしました。
あたらしい場所で頑張って欲しいと思います。
Posted by 進藤幸男 at 2010年10月20日 10:51
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「ミスタータイガース」「炎のエース」「今牛若丸」・・・すばらしい名称がついていますね。私は、三選手の現役時代を、知りません。それが、とても残念ですが、仕方ありませんね。

昨日の星野仙一監督の退団発表は、私も寂しかったです。

新たな場所での御活躍を祈念しております。また、今以上にプロ野球界が盛り上がることは、間違いないでしょうね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月20日 11:08
本日はありがとうございました!
阪神タイガース大好きなのですが、素晴らしい選手が沢山いる球団なので、3人しか永久欠番を与えられていないというのは、驚きでした。
星野さんのことは残念ですが、野球人としてまた別の形で甲子園に戻ってこられると思いますので、楽しみにしたいと思います☆
Posted by 角本紗織 at 2010年10月20日 15:39
角本沙織様

訪問、ありがとうございます。本日は、お世話になり、ありがとうございました。

星野仙一監督は、確かに、別の形で甲子園に戻ってこられると、おっしゃっていましたね。

パ・リーグは、今年も面白かったですね。日本シリーズ出場に、誰がロッテを予想したでしょうか。日本シリーズ自体が、また見どころ満載ですね。

来年のパ・リーグも、目が離せませんね。

明日のお題も、御期待下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月20日 16:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。