2010年10月26日

食事の中で必須栄養素を取る“暗号”とは?




今日は、お世話になっている、家庭健康管理研究会の方からの会報より『毎日の食事で健康維持に成功する暗号』を、文章を一部拝借要約して、御紹介致します。




家族単位で健康を維持することに成功している方は、毎日の食事で「まごわやさしい」を、いとも簡単に実行しておられるということです。なぜそれが簡単かというと「習慣化」しているからです。なぜ習慣化しておられるかというと、その必要性を理解しておられるからです。


1.健康維持のカギは、バランスのとれた食事の習慣化です。

2.習慣化のカギは、なぜそれが必要かを意識し続けることです。

3.意識し続けるカギは、継続的な研修会参加や健康相談・健康チェックをすることです。


「まごわやさしい」とは、1日の食事の中で46種類の必須栄養素をとるための「暗号」です。「まごわやさしい」習慣化の秘訣は、朝食を和食にし、具だくさんのお味噌汁を食べることです。一度試してみて下さい。きっと朝食が楽しくなりますし、からだはその努力に応えて必ず変化します。


☆ま・・・豆→豆類、豆腐、味噌、納豆

☆ご・・・ごま→ゴマ、ナッツ類

☆わ・・・ワカメ→昆布などの海藻類

☆や・・・やさい→野菜

☆さ・・・さかな→魚類

☆し・・・椎茸→キノコ類

☆い・・・いも→じゃがいも、さつまいもなどのイモ類




※こういう合い言葉、初めて聞きました。バランスの取れた食事が、いかに大切か・・・不摂生人生の私、大いに反省した次第です。習慣化→意識→チェックのサイクル、頭に叩き込みましょうね。



この記事へのコメント
牧野さん、初めて投稿させていただきます。
健康管理士の前田です。
「まごわやさしい」を掲載して下さってありがとうございます。
日本人が日本食から離れてから生活習慣病が激増しました。
「食」のあやまりが多くの病をつくっていることをお伝えしたくていろいろな方法を試してみましたが、一番みなさんに覚えていただくことができたのが、「まごわやさしい」です。
毎日の食事の中にこれらがすべて出そろったなら、そして白砂糖と添加物を極力避けることができたなら、ガンや心臓病になって悲しい思いをする人は激減することと思います。
自分が実践してみて「和食」は理にかなっているとつくづく思います。
農家の方が作って下さったお米を食卓の中心に置いて和食を心がけていただけるときっとみんなが幸せになります。
Posted by 前田 倖里 at 2010年10月27日 21:47
前田倖里様

訪問、ありがとうございます。お待ちしておりました。

日本人が、食も欧米化して、生活習慣病が激増してしまいましたね。生活習慣病という、新たな言葉を、生み出してしまいました。

毎日の食事の中に、すべて出そろった上で、砂糖と添加物を極力避けるのですね。特に‘添加物を避ける’のが、ポイントですね。

不摂生人間の私が、前田様に、このような形で出逢えた事は、〔何か意味のあるもの〕と、勝手に解釈しております。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

素晴らしいコメントに、感謝致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月28日 06:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。