2010年10月28日

誕生31年、ソニーが販売終了した商品とは?!



今日は、10月23日の読売新聞より《カセットウォークマン終演》を紹介致します。




ソニーは22日、カセットテープ式の携帯音楽プレイヤー「ウォークマン」の国内販売を終了したことを明らかにした。今年4月に生産を終えた。店頭の在庫がなくなり次第、姿を消すことになる。

ソニーが1979年7月に発売したカセット式のウォークマンは、音楽を外に持ち出して聴くスタイルを生み出して世界中で大ヒットした。カセット式の今年3月末までの販売台数は約2億2000万台に上る。

技術進歩とともにCD式やミニディスク(MD)式、デジタル式へと変わっていった。最近ではインターネットを通じて音楽配信を受けるデジタル式が主流。




※このブログの過去の記事でも紹介しましたが、ウォークマンは、30歳を去年7月1日に、迎えました。

しかしながら、よく考えたら、今、私たちが持ち運べる『快適音楽』は、カセット式を、とうに卒業していたのですね。

改めて思うと、感慨深い気がするのは、私だけでしょうか??



この記事へのコメント
「ウォークマン」・・・こんなにお世話になった家電製品はありません
どこでも持ち歩きながら音楽が聴ける画期的な商品でした。

その後、買い換えること3回、いつも楽しんでいました
発売以来30年はヒット商品の代表格ですね
時代とともに変化してカセットタイプは終了してしまいました。

ヒット商品もいつかは衰退するものですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2010年10月28日 08:52
「ウォークマン」を初めて売ってのは私です!!

その昔、高校を卒業して勤めた会社が、電気量販店でした。
その頃はオーディ全盛でJBLとかの大きなスピーカーが売れている
時代でした。
「ウォークマン」が初めて店頭に来て、お客様が手にされた時の事は
今でも鮮明に覚えています。

その方は常連の方で、手にした店頭で開封され、興奮されて、私たちに聞かせてくださいました。

当時はヘッドホンも大きくて、誰が歩きながら音楽を聴くのだろうとおもっていた私でしたが、あっと言うまに予約、予約・・・
町中がヘッドホンをした若者で大流行でした。

あれから30年たったのかと懐かしいやら、さみしいやらです。
Posted by 津田 尚美 at 2010年10月28日 09:58
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

時代とともに、様々なモノが変化していきますね。

よく考えたら、ウォークマンも、マイナーチェンジを繰り返していたのですね。

ちなみに、現在のタイプは、私自身、付いていけていません。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月28日 10:05
津田尚美様

訪問、ありがとうございます。「ウォークマン」を初めて売ったのは、津田尚美様なんですか!それは驚きました!

電気量販店に就職した時代だったのですね。

当時からすると、誰が外で歩きながら音楽を聴くのだろう、なんて思いますよね。

あれから・・・30年。時間が経つのは、飛ぶように早いですね。

お互いに、時を大切にしましょうね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月28日 10:13
本当に感慨深い記事ですね。

「いずれは無くなるだろう」ということで数年前(MD式が流行時)にオークションでワイヤレスでコントロールできるタイプを落札しました。

今でも(カセットで販売されていた)セミナー音声(オーディオライブラリ)をそれで聴いています。^^;

多くのマーケッターや経営コンサルタント達、資格関係学校もオーディオライブラリとして、セミナーや塾、授業内容などの音声をカセットやCDで販売していますが、もう時代遅れ感は否めないですね。

既にオンライン(ネット上)で「ダウンロードする」といった概念や技術的問題をクリアしている(BB化やデジタル特性を最大限に活かす)事などが定着し、スタンダードとなりました。
(動画もYoutubeやUSTREAMで自由に配信・情報収集できますね)

これからは苦手と言わず「その特性」をフルに活用できる時代になったのだな・・・。とアナログな思考回路で考えている私は既にオッサンなのかも知れません。(今の若い子は“直感”で反応する。笑)

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年10月28日 14:33
タナカ様

訪問、ありがとうございます。

ウォークマンをオークションで、ワイヤレスタイプを落札したのですね。

今は「ダウンロードするタイプ」が定着して、便利ですよね。私の家にも一つあって、嫁と娘が兼用で使っていますが、小さくて邪魔にもならないし、凄い進歩ですよね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月28日 18:55
CDのような音楽ソフトは過去のものになりつつあるということでしょうか。
LP、CDあわせて1500枚のコレクションを持つ自分としては複雑な気分です。
Posted by 野々下大 at 2010年10月30日 16:37
野々下大様

訪問、ありがとうございます。ご無沙汰しております。いつも、ありがとうございます。

LP・CDで、1500枚ですか!!凄い数ですね。

『過去の物』というと、悲しいですが、これらを愛する世代は、コレクターとして、根強いファンは多いと思います。

時代は、加速度を増して、ドンドン速まりますが、無理に合わせる事なく、少し鈍感になるのもありかな、と思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年10月30日 16:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。