2010年11月19日

農業発展と国の在り方




今日は、11月13日の読売新聞の意見広告より《本当に守るべきものを、失いかけていませんか》です。



《本当に守るべきものを、失いかけていませんか》



食料不足や栄養失調で苦しむ人々は、地球上で9億人。
世界に暮らす人々も増え、食料や水、農地の奪い合いが起きています。
その問題を解決するために、新たな食と農のルール作りが求められています。
ただし、それは人々の暮らしや文化、食事情を踏まえた上で行われるべきもの。

農業は、新鮮で安全な農作物を育てる以外にもたくさんの大切な役割を担っています。
美しい景観を保つ。土地の様々な生き物と共生する。
洪水や土砂崩れなどの自然災害を防ぐ。伝統的文化を継承する。
そして日本で育まれ、長い間愛されてきた日本の食は、
農家の方々の手により、私たちの命とともにこの国の誇りも守ってきました。

しかし、現在、その農業と国のあり方が問われています。
米国や豪州など世界最大の農産物輸出国を含む国々との安全な貿易自由化交渉、
環太平洋連携協定(TPP)への参加を日本は検討しています。

国土条件、農業生産規模の違う日本がこの交渉を締結すれば、
農業の担う役割が失われ、広範な人々の生活が危機に瀕します。

誰もが生活の豊かさを望んでいますが、
目先の経済の合理性ばかりに目を奪われていると、
日本独自の食や文化、故郷の美しい景観、そして日本人の誇りまで失いかねません。

だから今。これからも日本人が日本人らしく生きていくために。
持続可能な農業発展とこの国のあり方について、今一度考えてみてください。





※確かに、ここ数年で見直されてきた‘農業’ですね。しかし、農業=穀物育成と捉え、食にのみ繋がると思いがちですね。

もっと柔軟な考えを持って、多面的に考え行動する事を、勉強しました。



この記事へのコメント
こんなことを言ったら農業従事者の方々に怒られるかも知れませんが、農業のあり方、もっと極端に言うと「農協」とその存在、そして「農協」に頼らざるを得なくなってしまった農業従事者の方々の「意識」を根底から変革しないと何の問題解決にもならないと思っています。

先だって、関西テレビ「ニュースアンカー」に出演されていた「戦う農家」である岡本重明氏が今の農業に関して同様に、今、現在も「戦い続けて」おられます。

氏は2001年に「農協」から脱退し、現在農業で年商1億2,000万円だとか・・・。

何も年商(年収)だけが全てではないと思いますが、先ずは「食っていける農業」という「産業(第一次産業)」としての地位を再構築しない限り、TPP参加検討や「食の安全」「食文化」・・・などの諸問題の解決は見込めないのではなか?と思っています。

ありがとうございます。
Posted by タナカ at 2010年11月21日 10:05
タナカ様

訪問、ありがとうございます。「農協」と農業従事者の方々の関係についての色々は、聞いた事があります。

確かに年商だけが全てではないですが‘農業株式会社’なる考え方、必要ですね。

私も別のテレビ番組で観ましたが、最近は農業ビジネスとして、株式会社とし、積極的に若者を誘致している農家もありますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年11月21日 11:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。