2010年11月24日

愛することが先!




今日は、今年5月16日の読売新聞『ビジネス5分道場』から「【教訓】愛することが先だ」を、要約して紹介致します。




140字で日々の出来事をつづる話題のミニブログ「ツイッター」のブームに伴い、会社の悪口を書く人を目にするようになった。

事情はおありだと思うが、コントロールできない要因も受け止めて成果を出すのが、ビジネスパーソンの務め。愚痴を言うのではなく、対処するのかを前向きに考えたい。

同様のことを述べた本が、心理学者、エーリッヒ・フロムによる『愛するということ』である。

フロムは、たいていの人は愛の問題を「愛されるという問題として捉えている」と指摘している。彼に言わせると、それは「幼稚な愛」なのである。

一方、成熟した愛は「愛するから愛される」という原則に従う。

未熟な我々には、目上の人の配慮など、わからない。であれば、愛されているかどうか安易に判断するのではなく、まず自分が愛することから始めてみては如何だろうか。あなたの仕事ぶりは、その決断の瞬間から変わるはずである。





※確かに、そうですね。「好きこそ、モノの上手なれ」と、同じ事ですね。先ずは、自分から好きになる事は、大切ですね。

愚痴る前に、深呼吸すると、いいかもしれません。

周りの人や対象物を、愛してみましょう。・・・そういえば、私の車、毎日「ありがとう」と声かけしていますが、故障した事、一度もありません。

今日も1日が始まりますが、今日出会う人の事、好きですか?



この記事へのコメント
「自分から相手を好きになること」
これを心がけてたくさんの「いいこと」が起こりました。
職場において、他の方の評判は意識せずに、チームのメンバーを好きになることから始めると、不思議なことに仕事はうまくすすみます。
他の方から陰口を言われている方がメンバーにおられても、好きになることから始めました。
そういう気持ちで仕事をしていると仕事は順調に進むので、私からするとどうしてこの人の評判がよくないのか分からないのです。
私にとっては大切な人なので、相手もきっと私のことを大切に思って下さっていると思い、陰口には同調しないようにしました。
自分自身も気持ちのいい毎日を送ることができました。
たくさんの仲間ができました。
「好きになる」ことから始めることで、いいことはたくさん起こりますが、悪いことは何も起こりません。
時々、それを忘れて不平不満を口にすることもありますが、これからも「好きになることから始める」という気持ちでくらしていきたいと思っています。
分かりやすくて心にひびくブログをありがとうございました。
Posted by 前田 倖里 at 2010年11月24日 08:55
前田倖里様

訪問、ありがとうございます。『ポジティブ話は耳ダンボ、ネガティブ話は耳にフタ』・・・これですね。

御縁のある方々、全て好きになると、仕事もプライベートも順調に進むのですね。

言葉にせずしても、人間同士、以心伝心で惹かれ合っていると、思います。

これこそが、善循環の基礎基本なのだと、思っております。不平不満を口にしたり、そのような場に居合わせることは、あります。撲滅してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年11月24日 11:17
「好きになること」

否定はしません。反面、本能的・生理的にどうしても!?という場面もあるかと思います。

私は随分この事に関して悩み続けてきました。顕在意識的に「好きになっても」本能的・生理的に「嫌だ」という自分自身との葛藤。。。

なので・・・。

私は「感謝」することから出直しました。

決して目に見えたような感動的な事はありませんが、自分らしくなった気がしています。

「ありがとう」

この一言が自然と意識せずに言葉として発することができるようになってきた「今」があります。

ありがとうございます。
Posted by 田中勝範 at 2010年11月24日 19:12
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。あまり、深く考えないほうが、いいのかな・・・そんなふうに、思います。

「感謝」することから出直したのですね。

自分らしくなれたのが、一番ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年11月25日 00:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。