2010年12月03日

充電池ロボ、東京〜京都間を走破!


今日は、11月23日の朝日新聞一面より『充電池ロボ五十三次53日』を、紹介致します。








《充電池ロボ五十三次53日》



パナソニックの単三形充電池を動力に、東京から京都まで東海道五十三次の走破を目指したロボット「エボルタ」が22日、ゴールの京都、三条大橋に到着した。9月23日に東京の日本橋を出発して二ヶ月。約500キロを走りきり、小雨の中、関係者らの拍手とガッツポーズで迎えられた。

大八車を身長17センチのエボルタが引っ張る形で、全長約40センチ。ニッケル水素電池「充電式エボルタ」を背中に二本、大八車に計10本搭載。一日一回だけ充電し、先導役のスタッフがエボルタのセンサーに赤外線をあてて誘導した。実際の走行日数は53日。最長距離で箱根〜三島間の18.9キロを10時間かけて一日で走破した。製作したロボットクリエーターの高橋智隆さんは「この挑戦を見た子が、新たなロボットをつくってくれればいいなと思う」と喜んだ。





※このような、ロボット製作の進化は、目まぐるしい速さで進んでいますね。

次世代を担う子供たちに、大きな刺激や夢になって欲しいと、思います。

完全な‘文系型’の私は、ただただ応援するばかりなり・・・です。



この記事へのコメント
これは記憶に新しいニュースでしたね。

個人的には「はやぶさ」の偉業も凄いと思いますが、本当はこういった「地味だけれど画期的な実験結果」をどんどんと報道して欲しいです。

“乾電池ロボ。東海道五十三次を53日で踏破”

キャッチがイマイチですがf^^;、私にしてみれば十分なインパクトです・・・。

昨日の記事に例えると「コツコツとした基礎技術の積み重ね」が、後々の華々しい道へと継承されていくのでしょうね。「はやぶさ」も「まいど1号」も町工場の地道でいてしっかりとした基礎技術が支えているんですね。
(先日「はやぶさ」プロジェクトに参加された中小の町工場社長も感謝状が贈られていました)

営業も技術も(文系も理系も)、実際は「やっていること」は同じなのでしょうね。

大変、大切なこと。サラリと紹介してくださいました。

ありがとうございます。
Posted by 田中勝範 at 2010年12月03日 09:06
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。「地味だけれど画期的な実験結果」・・・地味な所が、ポイントですね。

「コツコツとした基礎技術の積み重ね」だけ観ると、確かに文系・理系の違いは関係ないかもしれないですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年12月03日 12:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。