2010年12月21日

ミルク技術で化粧品事業参入企業とは?



今日は、12月12日の読売新聞より『挑む企業』の大阪府八尾市のメロディアンを、要約して紹介致します。




《「ミルク」技術で化粧品》


「フレッシュ」と呼ばれるコーヒー用ミルクの首位メーカー。

大阪府八尾市で1958年に牛乳メーカー「日興乳業」として創業。三角すいの紙容器に一人分の量を詰めた「メロディアンミニ」を業界で先駆けて発売し、主力商品に育て、CMも放映し、89年、社名をメロディアンに変更した。

飲料品の売上高は全体の約3割を占め、商品は多彩だ。2009年、三代目社長に就いた中西優紀雄氏は『美と健康』『おいしさはしあわせ』をキーワードに、新しいことに挑戦する社風と、語る。

ただ、コーヒー用ミルクの市場は縮小傾向で、価格競争も激しい。創業50周年に無菌状態でミルクを充填する技術を生かして化粧品事業に参入した。防腐剤や保存料を使わないので、化粧液の濃度を高くできる。

受験シーズンにカフェインを配合した新製品で若者の需要を掘り起こしたい考え。中西社長は『いつも先手のメロディアン』でいきたいと、話している。





※新規事業参入は、富士フィルムも化粧品業界に参入しました。私たちも、大いに意識したいですね。

メロディアンは現在、従業員数280人、売上高108億円です。これからの新規事業拡大に期待したいですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。