2011年02月28日

人を喜ばせる〔その7〕





今日は、ある本からの抜粋(要約)です。



☆「たまに」お返しをする人とは?



目上の人がごちそうしてくれる場合が何回か続くと、そのうち慣れてしまい、有難味が徐々に希薄になってくる。


そのように、マンネリ化してしまうと、上下関係も、うまくいかなくなる。ちょっとした刺激を与えてみる。たまにお返しをするのである。間違っても、ごちそうしてくれたよりも格上の店を使ってはいけない。上司にケチをつけて、恥をかかせる結果になりかねない。


できれば、上司が普段訪れないような種類の、若者が集まる流行店とか、場末の居酒屋とかである。お返しに使った金額は、上司が使ったそれに比べれば小さいものであっても、価値はかなり大きい。


上司としては、自分を喜ばせようと考えてくれたことに対して、部下の誠意を感じる。


大切なのは、自分が喜んでいるという事実を伝えるために、 相手を喜ばそうとする気持ちである。


たとえ少なくても、お金という「気持ちの伝達媒体」を利用したからこそ、気持ちを有効に伝えることができる。金額が小さくても、発揮する力は非常に大きい。生きたお金の使い方の一例である。頭を使えば、金も上手に使える。





※人間関係において、マンネリを避ける刺激策は、こうした発想や行動を、することなんですね。



この記事へのコメント
どんなことでも「マンネリ化」は誰にも起こることですね
しかし、マンネリ化を打破するのは「新鮮な話題」が大切です。

先輩には恥をかかせないこと、尊敬と感謝の気持ちは忘れないことですね
話題の豊富な人とは「マンネリ化」なんて起こりませんね
最近は新しい業種や業界などの仲間が増えて楽しいことの連続です。
Posted by 進藤幸男 at 2011年02月28日 08:55
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。「マンネリ化」誰しもあることなんですね。「新鮮な話題」大切である事、意識してまいります。

先輩に対して、尊敬と感謝の気持ちを、常に忘れないように、しております。

話題の豊富な人になれるよう、普段から意識的に色々な事に興味を持つように、しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年03月01日 04:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。