2011年03月22日

“ゲルマニウム”とは?




今日は、以前に研修で勉強した時に、頻繁に出てきた『ゲルマニウム』を、紹介致します。




〔ゲルマニウムとは〕



1.半導体です
元素記号Ge、原子番号32、原子量72.64、14族に属す元素で金属と非金属の中間に位置する亜金属の半導体です。半導体とは、光や熱などのエネルギーによって反応し、電気を通す導体となったり、通さない絶縁体になる性質をいいます。


2.体温によって反応します
ゲルマニウムは少量のエネルギー(体温)で、反応しますが、シリコン、インジュウム、ガリュウムなどの他の半導体は、高エネルギー(高温、電流、電圧)を必要とし、チタンは太陽光(紫外線)を必要(触媒)とします。また、遠赤外線放射で今話題のトルマリン(電気石)は摩擦熱が高い電気エネルギーを必要とし、常温ではあまり作用されないと言われています。


3.電子が飛び出す独自の性質
ゲルマニウムとはその原子核の回りを32個の電子が、様々な円軌道を描いて周遊し、存在している物質です。32℃以上の温度に接すると導体となり、一番外側の軌道を回る4個の自由価電子の1つがマイナス電子となって飛び出し、また電子を取り込み、増幅・整流するという特性が働きます。この半導体の電子的性質は、トランジスター、ダイオード、太陽電池、合金粒の治療用具や健康アクセサリー等に利用されてきました。


4.無機ゲルマニウムについて
ゲルマニウムには、無機と有機の二種類があります。無機ゲルマニウムは、地球の地殻に希少ながら広く分布する太古の植物が炭化した石炭や硫化物の中に含まれ、火力発電の灰などからも副産物として回収されます。精製すると、やや青みがかった光沢のある灰白色となります。


5.有機ゲルマニウムについて
有機ゲルマニウムは、土中の成分を吸収して育つ植物、特に高麗人参・田七人参・サルノコシカケ・霊芝・菱の実・ニンニク・山豆根・紫根などの漢方薬として重宝されてきた薬用植物に多く含まれています。これらの植物の薬草としての効能にゲルマニウムが大きく関わっていることから、免疫力や自然治癒力の回復・増進、抗酸化効果のみならずガンの予防及び治療効果にも期待されています。


6.安全性が確認されています
1967年に無機を有機に転換させる技術が確立されました。その後、各種試験による高い安全性が認められ、1992年WHOは物質名「有機ゲルマニウム」を正式に登録認知しました。ゲルマニウムには放射性はなく、副作用やアレルギーの心配は全くありません。





※ゲルマニウム!素晴らしいモノなんですね。

市販されている物は、あることぐらいは、知っていましたが、これだけ人体に好影響を起こすモノだとは、全く知りませんでした。

まだまだ、知らないことだらけです。



この記事へのコメント
私も「ゲルマニウム」は10年ほど前から愛用しています
某大病院の院長先生から教えられてからの愛用者です。

何よりも副作用がないことがすばらしいのです
ゲルマニウムには、無機と有機に分かれていますが
漢方薬の原点は有機ゲルマニウムで自然治癒力の増殖がすばらしいです
Posted by 進藤幸男 at 2011年03月22日 09:25
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。返事、遅くなりました。進藤様も「ゲルマニウム」を10年も愛用されているのですね。

副作用がないのは、本当にいいですね。

‘漢方薬の原点が、有機ゲルマニウム’だったのも、これまで全く知りませんでした。

まだまだ奥が深い、この分野、これから一層の勉強をしてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年03月23日 05:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。