2011年03月31日

日本一短い『家族』への手紙パート2




今日は、1月28日に一回目の紹介をした〔日本一短い『家族』への手紙〕(角川文庫)より、秀作作品を、紹介致します。




☆夫へ・・・
お前が、山で逝って、仕事が増えました。母さんへやさしい言葉をかけることです。(神奈川県45歳)


☆父ちゃんの事嫌ってた私が一番父ちゃんの墓参りしてるなんて笑っちゃうよね!!(千葉県31歳)


☆何も語らず、何も釣れず、ゆっくり流れる“時”が好き。また釣りに行こうね、お父さん。(兵庫県22歳)


☆おなかの子供へ・・・
超音波で見た君は、おなかの中で敬礼をしてくれた。心のくす玉がパンと割れたよ。(奈良県35歳)


☆息子へ・・・
孝也、母の情け。未来のお嫁さんには内緒にしてあげる。「オッパイ触って眠る癖」は。(京都府32歳)


☆合格発表の時、「車で本読んでる」と言ったお父さん。あの時、本逆さだったよ。(広島県19歳)


☆家族全員へ・・・
排気ガスの様な父 洋服のお化けの様な母 ゴミ箱の蓋の様な弟 僕は恥ずかしい(福井県12歳)


☆おとうの骨壺、言いつけ通り、例の滝壺に沈めるよ。でもさあ、冬はさむいんじゃない。(東京都33歳)


☆妻へ・・・
ケイコさん、少しだけ、少しだけ、肩の力を抜きませんか、オレ、息が詰る。(和歌山県45歳)


☆父へ・・・
極道であるあなたの娘に生まれたことを恥ずかしいと思ったことは一度もない。(兵庫県27歳)





※今回、本当に身近な家族へ向けてのメッセージでしたね。

心、揺さぶられたり、突き動かされたり・・・こうしたピュアな文章、素晴らしいです!



この記事へのコメント
いつも、ありがとうございます。

短い文章に思いが詰め込まれていて、すばらしいですね。
「心のくす玉がパンと割れたよ。」が好きです。
わかるようなわからないような。そんな表現。
Posted by Hiroshi Iwamatsu at 2011年03月31日 05:19
Hiroshi Iwamatsu様

訪問、ありがとうございます。いつも、ありがとうございます。

短い文章だからこそ、思いがしっかり伝わる内容なのかな、と勉強しております。

わかるような、わからないような表現でも、伝わる力って、すごいと思いました。

また、いつでもお気軽にコメント下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年03月31日 05:52
文章は長い短いではないですね・・・
文字数は少なくても心がこもっています

相手に伝わる言葉を考えることですね・・・
改めて文字のすごさを感じました。
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2011年03月31日 08:29
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。文章は確かに、長い短いでは、ないですよね!それを、すごく感じます。

相手に伝わる言葉を考える時、あれこれ言わない事なのかな、と思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年03月31日 09:08
短い文章に凝縮し、作者が思いを伝えるために綴る一文。学生時代に通ったコピー学校で一行のキャッチフレーズに100案考えた中の一案を先生に提出したこと。プロのコピーライターになり徹夜でコピーを書いたこと。今のことのように思い出しました。心に響く文はよいですね。
Posted by 榊原智 at 2011年03月31日 20:29
榊原智様

訪問、ありがとうございます。

コピーライター時代の貴重なお話、ありがとうございます。

キャッチコピーが、まさに『僅かな言葉に命を吹き込む』仕事ですよね。

あの頃の努力が、現在の榊原智様を形作っていますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年03月31日 20:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。