2011年04月20日

【あいたくて】




今日は、東京書籍の教科書〔新しい国語5上〕より、見開きの詩【あいたくて】です。




【あいたくて】


工藤直子



だれかに あいたくて

なにかに あいたくて

生まれてきた

そんな気がするのだけれど


それが だれなのか なになのか

あえるのは いつなのか



おつかいの とちゅうで

迷ってしまった子どもみたい

とほうに くれている



それでも 手のなかに

みえないことづけを

にぎりしめているような気がするから

それを手わたさなくちゃ

だから



あいたくて





※とっても、ストレートに、心の中に‘スッと’入ってきました。

小学校五年生の、国語の教科書の、表紙を開いたら、この詩が出てきました。

素敵ですね!



この記事へのコメント
素直な心
素直な気持ち

これはいつも大切にしたいと思います
素直な心と気持ちで周りと接していく事の大切さは感じています。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年04月20日 08:22
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。『素直な心・素直な気持ち』大切ですね。

素直が一番です。真っ直ぐが一番です。

綺麗な心を、持ち続けたいと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年04月20日 10:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。