2011年07月29日

“鰯(いわし)”に関する諺




今日は、『ことわざハンドブック』より、鰯に関する諺です。





【鰯網で鯨捕る】

意味:鰯網に鯨がかかったことで、とてつもない幸運にめぐりあったとのたとえ。転じて有り得ない事をいう言葉。



【鰯で精進落ち】

意味:生臭物を絶つという自戒で精進したのに、最後に鰯を食べて祝いをし、もとの木阿弥になることから、つまらぬ事で大切な誓いを破ったり、つまらぬ相手にかかって名誉を損うこと。



【鰯の頭も信心から】

意味:つまらん鰯の頭のような物でも、信心の対象になれば有り難いと思う。昔、節分の夜にひいらぎの技に鰯の頭を突き刺して災い除けをしたとの風習もあった。出典は東海道名所記、<鰯の頭も信仰から>も同意。





※「鰯=つまらない物、大したことない物」の比喩に、なっていますね。

漢字も「魚へんに弱い」と書きますから。

ただ、鰯のレベルが存在するから、他が引き立つと思います。



この記事へのコメント
「魚へんに弱い」・・・
鰯という文字を使う機会は少ないようですね

何事も信じることは大切です
信じていれば実現の可能性までも高くなります
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2011年07月29日 13:27
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。鰯という魚、今回採り上げて、少し愛着が沸きました。

信じることは大切で、信じていれば救われます。これから先も、良いことを信じてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年07月29日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。